スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕とおむつについて(その10)

朝のおもらしに手を焼いていたころも、その夢精の原因だと思いつつ「赤ちゃんごっこ」は止まりませんでした。
夢の中にせよ、おむつをやさしく替えてもらうことを覚えてしまった以上、エスカレートする一方でした。

雑木林の中に留まらず、公園やデパートにもおむつをあてて出かけ、トイレで交換する日が続きました。
ある時は、公園で人のいないのを見計らってベンチでおむつ交換をしたり、デパートの授乳室やおむつ交換スペースにも出入りしました。

それでも、例の病院で見つかって以来、、他人様の物に手を出す事はしなくなっていたので、
おむつ遊びの度に徐々に枚数が減ってくるし、おむつカバーも結構消耗がはげしくてぼろぼろになってきました。
で、どうやって大人用のおむつカバーと布おむつを手に入れるか、悩んでいました。

「買うかぁ? でも...」
どこで買ったらいいのか、聞くわけにもいかないし、買うにしてもものすごく恥ずかしいだろうし、いくらくらいするのか...。
そんな時、たまたま寄った近くの大型ショッピングセンターの薬局の棚に置いてあるのを見つけてしまったんです。
白字に赤い十字のタグがついた「病人用おむつカバー」という商品を。
ぼくは動揺を顔に出さないようにして一旦その場を通り過ぎ、通路の影に入って売り場のほうを伺いました。
薄水色のビニールのそれは、棚の下の方にひっそりありました。
しかも、LL、L、M、S、と何種類もサイズがあって値段もその大きさあわせて、1900円から2300円くらいしてたのを覚えています。
「ほしい...でも...」
悩んだ末に周囲に誰もいないのを見届けて、さっと売り場に戻り、棚からSサイズのおむつカバーを取り上げてかごに入れました。
レジに行くと若い店員さんが一人でいましたが、ぼくは顔を上げられなかったので、その表情とかは記憶にありません。
もうドキドキで、とにかく早く店を出たい気持ちしかありませんでした。
お金を払って早足でその店を出ると、いつもの雑木林へ。
「買えた...ぁぁぁ」
安心したのか、ぼくは力が抜けてしまい、がまんしていたおしっこを一気にもらしてしまいました。
この時、ものすごくたくさん出たのをはっきり覚えています。
だって、当てていた布おむつ(5枚くらいだったと思う)では吸収しきれず、ズボンまでぬらしてしまったからです。
その間、まさにあっという間の出来事で、これが本当のおもらしなんだって思うのもつかの間、
「やばーっ、ズボンがぁ...」

夏だったので助かりました。
公園の手洗いでズボンをはいたまま多めに水をかけ、そのまま乾かすことにしました。
しばらく芝生で寝転んでいると、天日を浴びたズボンの表面はどんどん乾いていきました。
そしてすぐに目立たなくなりました。

でもね、これがまた、困ったことに、妙な感触になるんですね。
ズボンの外は乾いているんですが、中は生乾きでなんとなく濡れたまま。
おち○ち○付近も多湿状態で、まるでおもらししたよう。
よせばいいのに、また、おち○ち○を触り始めて、
してから帰りました。
スポンサーサイト

僕とおむつについて(その9)

中学に入ると、体には大人への変化が訪れ、やがて朝のおもらし(?)が始まりました。

ぼくのお決まりの夢精のパターンは、
夢の中でおむつ当ててもらって、おっぱいを飲ませてもらって、おしっこがしたくなって、おむつにおもらしっていう瞬間。

この瞬間が最高に幸せなんですけど、半分覚醒意識があって、
「や・やばい! 今は本当はおむつ?、じゃなくてパンツ?、でもおむつ?...」
傍らでは、やさしいママが微笑みながらぼくのおち○ち○をおむつカバーの上からなでなでして、
「ゆうやちゃんは、おむつなんだから、おもらししてもいいのよ」
って言うんです。
ぼくは夢見心地の中で半ば混乱しながら、でも、
「おむつなんだからいいんだよね」って自分に言い聞かせるんです。
そして、おむつかパンツかの自問自答をしている内に、ドクドクどぴゅーんと出ちゃうんです。

ある時は、大きくM字に足を開いておむつを交換してもらう場面で、おむつカバーのホックをぷちんぷちんと外してぇ、カバーの前をゆっくり開けてぇ、
「うわー、ゆうやちゃんのおむつ、おもらしでびしょびしょだぁ。」って言われながら、
濡れたおむつで、おち○ち○をくにゅくにゅいたずらしてもらってました。
そして、ドクドクどぴゅーん。

当時ぼくは家族の前ではおむつははあてていなかったので、週に2~3回もベタベタになるパンツの処理に困りました。
始めのうちは、それが誰でも通る当たり前の関門なんだとは知らず、自分が隠れて遊んでいる性癖のためだと思っていました。
当然、家族に言えず、でも、パンツはベタベタになるし、どうしよう。

仕方なく、夜寝る前に、隠し持っていたおむつをパンツの中へ突っ込むようになりました。
夢精した朝は、おむつをパンツの中に忍ばせたまま家を出て行くんです。
そして、途中の雑木林の中でパンツからおむつを引っ張り出しては近くの水場で軽く洗うという手の込んだことをしてました。
通学途中、濡れたおむつを乾かす所なんて当然なく、ビニールの袋に入れたまま、授業を受けて家に持ち帰り、半乾きのおむつを天井裏に干してました。
今から考えると、カビくさいおむつによく我慢できたものだと思いますが、当時は真剣でしたからね。
それに、自分の部屋の押入れ奥の天板が簡単に外れて天井裏に上半身が乗り出せるっていう状況にも恵まれて(?)いました。

僕とおむつについて(その8)

そして、看護婦さんにみつかってしまったんです。
そりゃそうですよね、上はTシャツだけど、下はおむつカバー丸出しの異様に大きなお尻と、股間が閉じられないガニ股歩きですから。

でも、ぼくは逃げられませんでした。
走れなかったからではありません。凍りついてしまったんです。
自分のやったことの異常さに改めて気づいたからでしょうね。
そしてショックで震えてしまいました。
警察を呼ばれて、親に怒られて、友達にもばれて...。
一連のストーリーで頭の中が真っ白になって立ち尽くしていると、その看護婦さんは、

「あらあら、ぼく、どーしたの?」

「えっ...」

ぼくはとっさに持っていた半ズボンを差し出して、
「よご・れちゃっ・てぇ」と、わけのわからないことを小声で応えたんです。硬直して視線が定まらず、小刻みに震えていました。
そんなぼくを見て、看護婦さんは、にっこり微笑んで、
「お・か・あ・さ・ん・はァ?」と、とてもゆっくり話しかけてきました。
「...」
その時、ぼくは小学校6年生。小柄で童顔だったのでたまに2~3年生くらいには見られることはありましたが、まさか幼児園児でもないしね。

たぶん、知的障害児だと思われたのかもしれません。
そりゃそうですよね、おむつカバー丸出しでわけわからないことを話すんだから。
しかも、見つかったショックでお漏らししてしちゃったんです。
当てていたおむつは2枚だけ。吸収しきれなかったおしっこがおむつカバーの股ギャザーから太ももを伝って少しずつ垂れてきてました。
「あら、あららー、大変たいへん」
「漏れちゃってるぅ」、「早く替えなきゃ」
と言うが早いか、ぼくの腕を引っ張って病院内に戻し裏口近くの長椅子に寝かせようとしました。
ぼくが立ったままでいると、
「さあさぁ、いい子だからここに寝ようね。おむつ替えてあげるから」、
「替えのおむつは?」、
と優しく促します。

「そっかぁー、ズボンがよごれたんじゃなくて、おむつがよごれたのね。どうしたらいいかわからなくなってズボンを脱いじゃったのね」
「大丈夫、看護婦さんがちゃんとしてあげるから」と重ねて言いました。

でも、ぼくは抵抗しました。本当は、看護婦さんにおむつを替えてほしい気持ちもあったんですが、そのおむつカバーは病院のだし、しかもを5枚も重ねてたらさすがに怪しいでしょ。

「そっかー、やっぱりおかあさんじゃないと恥ずかしいのかなぁ」、
「...」
「でも大丈夫よ。看護婦さんはね、いつもお仕事で、ぼくちゃんみたいに大きな子のおむつも替えてあげてるんだから」、
「みんな赤ちゃんみたいにいい子でおむつ替えてるよ。ぼくも、いい子でおむつ替えようね。」、

ぼくが、言う事をきかないので、看護婦さんは、
「じゃあ、お母さんを呼んでもらうから、ぼくのお名前おしえてね、いいでしょう」
ぼくはとっさに、同じ学校のクラスにいた友達の名前を出して、
「けんじ、たかはしけんじです...。」って答えました。
「ここで待っててね、受付で呼び出してもらうからね」
といって、廊下の奥へ足早に行ってしまいました。

「やったっ!」
ぼくは、そこから一目散に逃げ出しました。
どこをどうやって通ったのか覚えていませんが、我に返るといつもの雑木林の中。
荒れる息が落ち着くにつれて、改めてこわくなり、震えが止まりませんでした。

で、それ以来、巡業はやめました。よっぽどこわかったんですね。

僕とおむつについて(その7)

小学6年生のある日、ケガで入院した友達の見舞いに行った病院の屋上に、たくさんの「大きなおむつカバー」が風に揺れているのを見てしまったんです。
長い竿が何本も並ぶ物干し場には、本当の赤ちゃん用のおむつも沢山干してありましたが、大人用はそのサイズが異様に大きく、やたら目立ってました。

あたりは洗濯物のにおいでいっぱい、風に揺れるおむつを見せられては、もうだめです。
例によって、夢中になってかき集めたおむつカバーはなんと5枚。
直ぐに病院のトイレに駆け込んで、そのおむつカバーを直接下半身に当ててみました。
ひんやりしたビニールの独特な感触がおち○ち○を刺激して、なんとも幸せ。それに、ビニールと何かの甘酸っぱいにおい。
夏の暑い時期でしたから、あっという間に内側は汗でびしょびしょ。
そして、おむつカバーの上から、さすったり揉んだり、至福の世界にはまってました。

しばらく、時間が止まったトイレの中で過ごすうちに、はたと考えました。
「どうやって持って帰ろうか?」
今、自分の下半身を包んでいるびしょびしょのおむつカバーの他に、あと4枚も。それに布おむつも2枚あるし。
手ぶらで来てしまったことを後悔しつつ、結局、全部重ねて当てて帰るしかない...。
でも、その厚さはかなりのもの、半ズボンを一生懸命に上げてみても、大きく膨らんだお尻のおかげで途中で引っかかってしまうし、チャックが上がらないどころじゃありませんでした。
とにかく、太ももあたりから上がらない半ズボンでは、まともに歩けない状態でした。

で、困ったぼくは、なにを考えたのか、「ズボンをはかない」っていう選択をしたんです。
普通なら、一旦おむつをはずして自分のパンツとズボンを履きなおし、おむつを何かで隠して持ち出しますよね。
でも、ぼくはおむつが取れなかったんです。せっかくあてたおむつに執着してました。
また、おち○ち○や、お尻の回りはびしょびしょになっていたので、パンツが濡れてしまうことを心配したのかもしれません。

結局、ズボンは履かずに手に持って、裏口から外へ。

そこで、みつかってしまったんです。

僕とおむつについて(その6)

そんなぼくに初めての転機が訪れました。

ある時、隣町の巡業(?)中、古い家の裏庭に干してあったおむつカバーを見て凍りつきました。

「でかい...。」

ぼくはしばらくその状況が掴めませんでした。
赤ちゃん用にしては異様に大きかった薄水色のそれは今でもまぶたに焼き付いています。
「こんなに大きなおむつカバー当ててる赤ちゃんなんて...」
「これってもしかしたら...」

頭の中が整理できないながらも、ぼくの手はすでにその飴色をしたビニールの内貼りに伸びて...。
洗濯バサミをそっと外して、いつものように拝借、そしてその場を離れました。

人気のいない林の中で、その感動の獲物を取り出して、まじまじと眺めながら、
「やっぱ、これって...」と自分自身に質問しながら、一人で納得してました。

よく見ると、そのおむつカバーには「病人用Sサイズ」っていうタグがついていました。
ぼくはそのとき初めて、赤ちゃん以外におむつカバーを使う人がいるんだってことに気が付いたんです。
でも、考えてみればわかることですよね。
だって、その時の自分だって、おむつを愛して(?)いたわけで。
後からわかったことですが、その家には障害のある子が住んでいて、おむつを使っていたようです。

それからです。
そのおむつカバーはぼくの最高の宝物になりました。
小学校高学年のぼくには、まだ少し大きめのサイズだったんですが、ビニールの風呂敷よりも確実にお尻を包んでくれたし、股のギャザーがなんとも心地よかったんです。それに、当然ながら、おもらししても漏れないし。
頻繁におむつにおもらしして楽しむようになりました。
もう20年以上も前のことです。

僕とおむつについて(その5)

そんなふうにして、おむつ集め(?)をしてましたが、まだおむつにおもらしすることはほとんどありませんでした。
だって、おむつにおもらししちゃったら洗濯しなきゃいけないですよね。
当時はコインランドリーなんてあまりなかったし、干す場所もなかったですから。
それに、町を巡業(?)しても、赤ちゃんサイズのおむつカバーしか手に入らなかったので(当然かぁ)、バスタオルやシーツを腰に結んで、その中におむつを当てていました。
だから、おもらしすれば当然垂れてくるわけで、なかなかおもらしまではね。

でも、程なくしてビニール風呂敷を使うことを思いつきました。子供ながら、へんなことには気が回るんですね。
うまく包めば、結構もれないので、しばらく、おむつカバー代わりして楽しむようになりました。

僕とおむつについて(その4)

妹のおむつがとれてしまうと、僕は困りました。おむつが簡単に手に入らなくなるほど、下半身はその感触をより強く求めるようになってしまいました。
あるとき、ぼくはどうしてもおむつがしたくって、近所の家の物干し台からおむつを拝借(?)してしまいました。
まだ、半乾きだったおむつ数枚を、パンツの中に押し込み、必死で近くの林の中へ。
そして、辺りに誰もいないのを確かめてから、そのおむつをパンツの中から引っ張り出して、きれいに重ね直してからパンツの中へ敷きこみ、赤ちゃんになりました。
その間ドキドキで、誰かに見られたんじゃないかとヒヤヒヤしながら、パンツの中の至福の感触に酔ってました。

それをきっかけに、あちこちの洗濯物に手を出すことになりました。味をしめてしまったんですね。
一時は、おむつカバーも何枚も集まり、布おむつは数十枚にもなりました。
近くを一巡すると、隣町まで遠征する始末で、ほんと悪い子でした。

僕とおむつについて(その3)

 しばらくばぶばぶした後は、大きくM字に開いた股間の前からおむつを回しておちんちんの上を覆い、横に開いておいたおむつを左右からおへその上に重ね、布おむつの感触を確かめていました。
股間に食い込む感じ、お尻の下のふかふかする感じ、それらは、おばあちゃんにあんよ高い高ーいして当ててもらったおむつの感じそのもの。
そして、おむつカバーの前当てを股間から前にまわし布おむつで覆って、ホックを一つづつ止めていくときの音がとても恥ずかしかったのを今もはっきり覚えています。
ぷちんぷちんという音は、まるで「赤ちゃんみたいにおむつカバーしようね」っていう音。この音が誰もいない部屋の中に響き渡っていくようで、とてもドキドキしたものです。
 おむつカバーは当然ベビー用でしたが、小柄でやせていた僕は、小学校2~3年生まで無理やりホックを止めることができました。
それでも、はいはいしたり、立上がったりするとホックが外れてしまうこともしばしばで、その時の音もまた恥ずかしいものでした。
止める時とは違って、「ぷちん」ではなくて「ぷふぉく。。。」っていう気の抜けたような音も気にってました。
当時のおむつカバーはビニールの内貼りで、蒸れが感触と独特の匂いを楽しんでました。
特に、夏場は、おもらししなくても、汗でおむつカバーの中はびしょびしょになって、ビニールの匂いが強調されます。
さすがに妹のおむつを汚すことには抵抗感があったようで、そのおむつにおもらしすることはありませんでしたが...

僕とおむつについて(その2)

 その頃、僕は既に親に隠れておむつを当てていました。5才離れた妹のおむつがとてもうらやましかったんです。
優しいおばあちゃんをとられた嫉妬だったのかもしれません。
当時は、紙おむつが出始めたころでしたが、おばあちゃんは、おむつは布がいいんだよと言いながら、いつも洗濯物を優しくたたんでいました。
 そして、僕はと言えば、家族が出かけて誰もいなくなると、妹のタンスから布おむつとおむつカバーを持ち出しては、一人で赤ちゃんごっこをしてました。
妹がおばあちゃんにしてもらっていたのと同じように、おむつカバーの上に布おむつを敷き、パンツを脱いでおむつの上にお尻を下ろし、妹と同じように仰向けになって足を大きくM字に開き、指をしゃぶってばぶばぶしてたんです。
その間、僕の股間は全開のまま全くの無防備。これが一番赤ちゃんらしい格好なんだって思っていました。
プロフィール

甘えん坊のゆうや

Author:甘えん坊のゆうや
ようこそ!
ぼくは大型トラックの運転手です。普通とちょっと違うのは、大きな赤ちゃんってことだけ。いつもおむつしてるんだよ~(笑)。
This is Adultbaby diaper (Omutsu) site.

◆◆◆◆◆
掲示板開設しました。
下の『リンク』のところからどうぞ。

◆◆◆◆◆
ご意見、ご要望等は以下のメールへどうぞ。
yuuya062zzz@gmail.com
(メルアドは上記に変更しました)

◆◆◆◆◆
twitter
『yuuya062』

◆◆◆◆◆
禁無断転載(文章・画像全て)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問総数
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。