中国の紙おむつ買いました

中国の紙おむつ

香港で紙おむつを買いました。
10枚入りのMサイズ。HK$125(=1950円くらい)。
現地の物価を考えるとかなり高額商品ではないでしょうか。
こんなおむつをあててもらえるのは、よっぽど裕福な家庭か、外国人くらいかな。

パック外装の表面には、「ADULT DIAPER」とか「理的成人紙尿?」の文字が書いてあります。
紙おむつ自体には、テープを止める面に、ハートマークの印刷がありますが、見た目には、あまりかわいいっていう感じではないです。
Chaina kami2


China kami1


おむつを当ててみると、「うーん」っていう感じ。
まず、肌に触れる感触がガサガサ、ごわごわ。
ギャザーの閉まりもあまり強くはありません。
まあ、このへんの評価は好みによりますね。

そして、おもらし。
一瞬、おしっこをはじくような感じの後、お尻のほうに広がっていきます。
吸収は少し遅れてからみたい。
吸収量自体は、けっこうあって、ぼくの場合は、2回までは大丈夫でした。
3回目でギャザーのところから漏れてきちゃったんですけど、おむつカバーしてたので大丈夫でした。

実用性は悪くはないので、評価は「並」っていうところでしょうか。

ぼくのこだわり(その3)

おむつカバーのタイプは?
これもいろいろありますね。

まずは、オープンタイプか履くタイプか。

どちらも防水性があれば用は足りるのでしょうが、違いはおむつを当ててもらうのか、自分でおむつをするのか、だと思います。
赤ちゃんがねんねした状態で、おむつを替えるために作られたとすると、やっぱり、オープンタイプ。
前が大きく開いた方が交換しやすいし、おち○ち○やお尻のキレイキレイも楽です。
おむつ交換の時は、足を大きくM字型に開いて全てを任せる仕草がかわいいでしょう。

かくいうぼくも。オープンタイプしか持っていません。
赤ちゃんになりきって、やさしいママに替えてもらうことを夢見ておむつカバーを当てる...そんな世界にいるからです。
おむつカバーの前当てを開く時の恥ずかしさ、
「うわー、おむつにしちゃってるぅー」
「たくさんおもらししちゃったねー」
「早くおむつ替えようね」
っていう夢を見るにはオープンタイプですよね。
洗濯物に干す時の見た目のインパクトも断然違うし。

履くタイプは、自分でおむつが履き替えれらるやや大きい子や大人用のイメージ。
防水加工したブルマーだと、また趣が違うんでしょうけど、ここはオープンタイプに軍配ってことで。

で、オープンタイプのおむつカバーだったら、股おむつ、ノーマル、ビキニ、...。
それに、マジックテープ止めかホック止めか。

ぼくは、股おむつ、ノーマルのおむつカバーが好きです。
そして、断然ホック止め、

おもらししたおむつカバーを開く時の、あの何とも言えない「プチンプチン」ていう音。
ものすごく恥ずかしい瞬間に響く音。
ぼくには、「プフォクプフォク」とも聴こえます。

「さあ、おむつ替えようね」
「ゆうやちゃんのかわいいおむつみんなに見てもらおっかー」
「おもらししちゃったから、ちょっと恥ずかしいかなぁ」
「でも、赤ちゃんはおむつなの。恥ずかしくないよー。ほーらみんな見てるでしょ」
「...」
「ね、おむつカバーを開けるよ」
「プチンプチン、プフォクプフォク...」
「ちょっと恥ずかしいかなぁ」
「...」
「あー、たくさんでてるぅー」
「おむつがびしょびしょだぁー」
「おむつでおち○ち○をなでなでしちゃおうかなぁ」
「...」
「あれ、なんか変よ、まだでるのかな、でちゃうの...」
「あー、でたでたぁ。 たくさんおもらしでたね。ほんと赤ちゃんね」

っていう世界には、あのやさいいホックの音が似合うと思うんです。
マジックテープのジャー・ベリベリって剥がれる音は僕のイメージとずれているような感じです。
だけど、公衆トイレとかでおむつ交換するときは、マジックテープはがれる音がものすごく響いて、めちゃ恥ずかしいですけど、外に聞こえるところがいいっていう人もいますよね。
皆さんはどちら派なんでしょうか。

ぼくのおむつ

ぼくの布おむつです。
わんちゃんの絵がかわいいでしょ。
ふかふかで気持ちいいんだよ。
nuno1

ぼくのこだわり(その2)

更にどっちでもいいのかもしれませんが、「おむつ」と言うか「おしめ」と言うか。「むつき」って言う人は少ないかも。
更に更に、「おむつ」か「オムツ」か、「おしめ」か「オシメ」か。
どれも表現の違いですが、ぼくの場合、「おむつ」じゃないとなんとなくしっくりこないなんです。
ちなみに、もう気がついた人もいるかもしれませんが、ぼくのブログには「おむつ」しかないと思います。(打ち間違いがなければ)
なぜでしょうねぇ。

一つには、子供の頃に親やおばあちゃんが使っていた呼び方。
ぼくは「おむつ」で育ってきました。そのせいか、「おむつ」のほうがやさしい感じがするんです。
それに、「おむ」という発音もなんとなく神秘的なニュアンスに聴こえませんか。
オムライスについつい反応してしまうのはぼくだけでしょうか。

「あー、おむつにたくさんでちゃったね」
「さあさ、おむつ替えなきゃ」

「○○○ちゃん、おむつあてよーね」
「あんよ高いたかーい」
「ほーら、おむつふかふかで気持ちいいでしょ」

また、雑誌やビデオ、メディアの影響もあるかもしれませんね。
おむつカバーや紙おむつメーカーの製品やホームページを見ると「おむつ」が多いようです。
もともと日本語なのでそうなのかもしれません。
じゃあ、なんで「オムツ」っていう書き方があるんでしょうか。

それに、「おしめ」っていうのはなんで?
「湿る」が語源なのかな。

どちらでもいいのかもしれませんが、微妙な心の世界ですので、こだわらせてください。

ぼくのこだわり(その1)

 「布おむつ」か「紙おむつ」か、どっちでもいいじゃんという意見もありますが、人によって結構分かれるようですね。ぼくの場合、布派かな。

 布おむつは、おしっこがおむつに吸収されるのが遅いし、吸収量も多くないので、流れて広がっていく様子がとてもよく伝わってきます。おち〇ち〇の先と根元、股間のギャザーの周囲を伝って徐々にお尻のほうまで濡れていく感じ。そしていつまでもびしょびしょ感が残って貼り付くでしょ。この一連の余韻(?)がいいんです。
「あー、おむつにおもらししてるー」ぐしゅぐしゅ、びしょびしょってね。
そして、少し動くと、おむつカバーの股のギャザーのところから空気が入るでしょ。そうすると、濡れた布おむつが一瞬ひんやりするんです。これも濡れた感じを助長しますよね。

 紙おむつは、おしっこの吸収量がすごいですよね。外出のときにたまに使ってます。
おむつ交換した最初のおもらしの時は、おち〇ち〇の先から漏れた瞬間にすーっと吸収してくれるので、周囲があまり濡れません。
吸収体を押しつけると少し染みるようです。テレビCMのようにサラサラって感じ。
2回目のおもらしでも吸収力は変わらず、吸収体がゼリー状になっていくのがわかります。
このくにゅくにゅ感は独特ですね。これでおち〇ち〇を包んでモミモミすると、一気にいってしまいます。
これがいいんだよっていう人も多いみたい。

 どちらが好き?っていうのは年代にもよるのかもしれません。
自分や兄弟が赤ちゃんの時に当ててもらった記憶というのも布派紙派を分けているようにも思えます。
やっぱり、
「○○ちゃん、おむつあてよーね」っていうイメージが深層に刻まれてるのかも。
ぼくは古いんでしょうか。

紙おむつやおむつカバーの通気性って

GWももう終わりですね。
最近けっこう暑くなってきましたが、おむつ連にはたいへんな季節ですよね。
ちょっと油断すると、すぐにおむつかぶれになっちゃうし、そもそもお尻が暑いし。
最近の紙おむつやおむつカバーは通気性があるって言うけど、ぼくのおむつはいつもおもらしでムンムンに濡れてるからあまり実感できません。
おむつメーカーの人は、ちゃんと自分でテストしてるのかなぁ。

カテゴリーを整理しました。

カテゴリーを整理しました。

「ぼくのこと」から「僕とおむつについて」を分離して新しいカテゴリーにしました。

僕とおむつについて(11)(完)

それからといえば、おむつを買うのも徐々に慣れ、一時は病人用のおむつカバーが10枚以上あったと思います。
店によって違うブランド(?)が置いてあるということもわかりました。
最近ほどではないですが、当時でも、白十字、鶴亀、ニシキナース、とかいろいろありましたよね。
ビニール張りやゴム張りとかが主流で、とにかくよく(?)蒸れる。
夏は当てているだけで汗でびしょびしょになるしね。

それから何年も経ち、ぼくも高校から専門学校(整備士関係)を経て一応就職しました。それも、自動車メーカーへ。
もともと車好きだったので、学校の先生の勧め(コネ)で入社しましたが、大型トラック専門で、毎日毎日テスト車両の整備に明け暮れてました。

そして、当然おむつも毎日、会社にも当てていきました。
寮生活で親元から開放されて、一段と磨き(?)がかかったみたいです。
ベビーグッズもたくさん集めました。
おむつやおむつカバーに加え、哺乳瓶やおねしょシーツ、おしゃぶりやよだれかけ等々。
当時はまだ大人用のベビードールやロンパースは買えなかったんですけど、女性用のサマードレスやベビードールみたいなパジャマなんかを自分で縫い合わせて作ったりしてました。
インターネットがまだ普及していない時代で、専門誌もごく少数、一部のマニアしか持っていなかったんじゃないでしょうか。もう15年くらい前のことですから。

寮は、4畳半でしたが、小さな流しがあったので、おむつはいつも部屋で手洗いしていました。
さすがに共同の洗濯場で洗うわけにはいかないし。
そして、干すのも当然部屋の中。たまに、隣町のコインランドリーに持ち込んでは、洗濯機のガラス越しにくるくる回る布おむつを眺めるのが楽しみでもありました。
でも、取り出すには勇気がいりますよね。誰かに見られたらどうしようと、緊張感が高まる一瞬。
たまに、若い女性が一人しかいないときなんか、いたずら心が出て、わざと見せながら取り出したりしたことがあったけ。

そんなことが何年も続いて、例のバブル崩壊。
会社のリコール不祥事なんかもあって、リストラされるまでおむつと一緒でした。
(本当は、会社に持っていったおむつがばれて居ずらくなったんですけどね)

その後、運送会社に転職し今に至っています。
大型トラックの運転中は一人なんで、いつも気兼ねなくおむつを当ててどこへでも行ける最高の職場かも。
もう、リストラに合わないようにせっせ仕事しなくっちゃね。

と、ぼくのおむつ人生はこんなもんです。

長々と書きましたが、ここで、一旦「完」とします。
プロフィール

甘えん坊のゆうや

Author:甘えん坊のゆうや
ようこそ!
ぼくは大型トラックの運転手です。普通とちょっと違うのは、大きな赤ちゃんってことだけ。いつもおむつしてるんだよ~(笑)。
This is Adultbaby diaper (Omutsu) site.

◆◆◆◆◆
掲示板開設しました。
下の『リンク』のところからどうぞ。

◆◆◆◆◆
ご意見、ご要望等は以下のメールへどうぞ。
yuuya062zzz@gmail.com
(メルアドは上記に変更しました)

◆◆◆◆◆
twitter
『yuuya062』

◆◆◆◆◆
禁無断転載(文章・画像全て)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問総数
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる