ぼくの日常風景?:『軽装にご注意(3)』をアップします



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

  『軽装にご注意(3)』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ぼくは、店員さんに手を引かれるままに歩き出しました。

(どこに行くんだろう...、うっ)

ぼくのおむつは、さっき立ったまま開かれた時に形が崩れたのか、歩くたびに股間がグシュグシュいって刺激してきます。

(あっ...)

股間のギャザーのところから内もものあたりが少し冷たいような...。

(やばっ...)

少し染み出してきたんです。

(早く替えないと...)

ぼくは気が気ではありません。

「はい、こっちよ、ゆっくりでいいから...」

(ゆっくりじゃなくて早く...)

店員さんは、まだぼくのおむつから染み始めたことは知らないんですね。

それよりも、股間を開き気味にした変な格好で歩くぼくを気にしてか、何度も振り向いて、ぼくが転ばないようにしっかりと手を握ってくれています。

(柔らかい...)

それは、まるでお母さんの手のよう。かなり強く握ってくれているのに全然痛くない、すごく不思議な手でした。
包み込むような優しさっていうんでしょうか。

(母さん...)

ぼくは、思わず実家の母のことを思い出しましたが、次の瞬間、

(うっ)

股間のぬれ感で現実に戻りました。

(早く!、お願い...。でも、おむつを替えるって、どこへ行くの...)

ぼくはまだ想像がつきませんでした。だって、さっきから真っ直ぐ歩いてないんです。
まるで人目を避けるように売り場の端や壁際の通路を歩くのでかえって遠回りしているような...。


そして、結局ベビー用品専門の『〇〇屋』のフロアまで来ました。

(戻ってきちゃったなぁ...、でも...)

ぼくが『どこへ行くの?』って聞こうとした時、店員さんはぼくの手を離して、

「ちょっと待っててね」

って、にっこりしてから、少し離れたレジの方へ。そこには、さっきぼくが布おむつを買った時の若い店員さんが立っていました。

(...?)

二人は親しげな挨拶から一言二言...、そして『〇〇屋』の店員さんは話しにうなずきながらぼくの方を見ると、『なるほどー』って感じの顔をしました。

(あーあ、ばれちやったぁ...)

実際には二人の話の内容は聞き取れませんでしたが、
きっと、ぼくがおむつをしていることを伝えて、替える場所のことで相談したんでしょう。
若い店員さんの視線がぼくの腰からお尻のあたりに注がれてるし、さっきの買った布おむつのことも覚えているんでしょう。

(あの布おむつ、この人が自分で使うんだ、って...)、もうバレバレですね。

(まあいいや...)

ぼくは開き直ってしまいました。


そして、話しがまとまったらしく、若い店員さんは、了解!って感じでOKサインを出しました。

(...?)

でもどこで替えようっていうんでしょうか。
そんな間にも、ぼくの股間から内もものあたりの濡れ感は確実に広がってきています。

(ねぇ!、早くしょうよぅ...)

ぼくの半泣きのテレパシーが伝わったのか、戻ってきた用品店の店員さんは、

「ごめんね~、ぼくちゃんのおむつ、替えるとこ相談したの...、あ、こっちだから...」

またぼくの手を握り直すと、ゆっくり歩き始めました。

「この先だから...。レジの店員さんが気を利かせてくれるから安心してね」

(...?)

と言われても、ぼくにはまだどこで替えるのかわかりません。

そして、歩きながら更に、

「ねぇさっき、ここで布おむつ買ったんですってね、あの店員さんが言ってたわ。初めは奥さんか誰かに頼まれて子供さん用のおむつを買いに来たのかなって思ったらしいの、優しいパパさんなんだって。でも、レジで間近に見た時、その...腰やお尻の膨らみが半端じゃなくて、後ろ姿の歩き方もヨチヨチしてたから、すぐに『おむつ』だってわかったみたいよ」

(あちゃ~、やっぱり)

「その布おむつは、自分で使うために買いに来たんだって...、まあ、すぐばれるわね、プロなんだから。毎日たくさんのお客さんを相手にしてると、色々なことが見えてくるものなの。中には、ぼくちゃんみたいに布おむつだけ買いにくる人もいるみたいだけど、お尻が異様に大きかったらすぐにピンとくるわよ。だいたい、赤ちゃん用品は消耗品が多いから、他の衣類とかミルクとかベビーフードなんか一切買わずに布おむつだけ買いに来たらそれだけで不自然よね。まして男性だから余計に目立つのよ」

(そっかぁ...)、完全に見透かされていたんですね。

ぼくはあたりを見回して歩きながら、うんうんとうなずくことしかできませんでした。反論の余地もありませんからねぇ。

すると、

「そこ!」

店員さんが、奥の一角を手の平で指しながらにこにこしています。

(...?)

ぼくは、思わず立ち止まりました。

「あら、どうしたの?」

「だって...」

「おむつ替えるんでしょう」

「うん、でも...」

「なあに?、早くしないと染みてきちゃうわよ」

「...」

「ほらほら、早く入りましょう。替えてあげるからぁ」

「でも...」

「だから、どうしたのかなぁ?」

「...だって、そこは...、赤ちゃんの部屋でしょう」

「あはっ、そう『ベビールーム』よ」

「だから、ぼく...」

「なあに?」

「赤ちゃん、じゃないよ」

「えっ、なんで?、こんなにまん丸なお尻してぇ」

「...」

さすがのぼくも、ベビールームでおむつを替えられるって思うと恥ずかしくて...。それに、だれか先に入ってたらどうしようって思いました。授乳なんかしてたら相手だっていやでしょうからね。
でも、店員さんは有無を言わせぬ雰囲気で、もうここしかないっていう迫力。そしてぼくを手玉に取るように、

「おむつよね~。ぼくちゃんはおむつあててるんでしょう」

「...」

「それにぃ、おむつにちっちしちゃってるのはどこの子かなぁ?、ねっ、...ほら、あそこ、あの子なんかきっともうおむつ取れてるわよ」

店員さんが指差した棚のところには、幼稚園くらいの女の子がママさんと並んで品物を選んでいました。確かに、手に取って見ているのはキャラクタープリントのパンツのようだし、お尻も膨らんでないし...。

「...だけど、ぼくちゃんは?、まだおむつなのよね~」

(そう来たか...)

「おっきくなってもおむちゅにおもらしする子は赤ちゃんね、ぼくちゃんは赤ちゃんなのよ」

「...」

「ねっ、だから、ベビールームでおむちゅ交換するの」

「...、うん...」

ぼくはついに観念しました。

(ベビールームかぁ...)



~~『軽装にご注意(4)』に続く


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
このストーリーはフィクションです。
登場する団体・名称・人物は全て架空のものです。

ぼくの日常風景?:『軽装にご注意(2)』をアップします



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

  『軽装にご注意(2)』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

手を引かれて歩くと、そこは試着コーナーでした。

(なーんだ...)

なるほど、店員さんはぼくの『下着』を見て気を使ってくれたんですね。

「どうぞ中へ」

「はい」

店員さんがカーテンをめくってくれたので、ぼくはスニーカーを脱いで中に入りました。
そこは普通より少し広く作られていて、二人までならなんとか入れるスペース。店員さんもカーテンを閉めながら入ってきました。

「ちょっと狭いですが、他から見えないほうがいいかと思いまして...。それでは計りましょうか」

「ええ...」

ぼくはサイズを計りやすいように、もう一度Tシャツを大きくめくり、腰を前に突き出すような格好に。
すると、店員さんはクスっと笑って、ぼくのジャージの上からはみ出していたおむつを指差して、

「あのぉ...、これって、おむつ...よね?」

(うっ)

ぼくは予想外の言葉に驚きました。まあ、聞くまでもなくおむつバレバレですが、こういう場面では普通は見て見ぬ振りをするでしょう。でも、その店員さん、何を言い出すのかと思ったら、

「実は、うちの『子』もおむつなんですよ。大きくなってもおむつが取れなくて」

「えっ???、おむつが取れないって?...、小学生とか?」

「あ、いえ...、もう20歳になるんですけど」

「えーっ?」

「...私もお客様を見て正直驚きました。でもやっぱりいるんですねぇ、同じようようなおむつの『子』が...」

「...」

ぼくは『おむつの子』って言われて少し恥ずかしくなりました。でも、店員さんは更に突っ込んできます。
「お客様はご病気か何かで?」

「え、えぇ...」

ぼくが曖昧な返事をすると、

「だけどぉ、このおむつカバー...、ちょっと失礼します」

「あっ!」

店員さんは、ぼくがはいていたジャージを一気に膝まで下げてしまいました。まん丸のおむつカバーがあらわに。

「大丈夫、カーテン閉めてますから。サイズをしっかり計るにはこのほうがやりやすいと思って」

「で、でもぉ...」

店員さんはお構い無しに、

「このカバー、クマさんの柄ね、すごくかわいい!、でも、ご病気だったらこんなおむつカバーするかしら?」

(うっ)

「それに、布おむつも最近じゃ滅多に見ないし...、普通、紙パンツよねぇ、こだわっているっていうか...」

膝をついた店員さんは、ぼくのおむつカバーの股間に手を当てながら、顔を上げてぼくの目を見ました。

「病院や薬局じゃこんなかわいいおむつカバーは売ってないわよねー、うちの子のもそうなんだけど」

「あ、え、その...」、ぼくは答えに困りました。

「ねっ、本当は病気じゃないんでしょう、おむつが好きとか?」

ストレートに来ました。ぼくは店員さんにじっと目を見られて、もう隠し通すことはできません。

「ええ、まあ...」

「ほらー、当たったぁ、そうだと思ったのよ」

「...」

「こんなにかわいいおむつカバーだし、『○○堂』のね」

「うん...」

「ね、だったらいいじゃない、赤ちゃんになりたいんでしょう。おむつ見てもらいたいんでしょう」

「...」

「うちの子もそう、家にいる時は完全に赤ちゃん返りしちゃって...。もうずっとおむつしてるから、いつもおもらし...」

「そ、そうなんですか」

ぼくが平静を装って他人事のように言うと、

「あれ、『ぼくちゃん』はそうじゃないのかな?、だけどぉこれは?、赤ちゃんと一緒よねぇ、いつもおむつしてたらチッチがまんできないんでしょう?」

「...」

ぼくは、こくりとうなずきました。

「あはっ、でしょう。だって、このおむつかなり重そうだし、なんとなくおしっこの匂いがするわよ」

「...」

そして、おむつカバーの股間のところに手を当て、重さを計るように上下させました。

(うわっ)

濡れたおむつが下から股間に押し付けられてグシュっていう感触。あらためて相当ぬれているのがわかります。


「ほらー、おむつが垂れ下がってるじゃない」

「えっ?、おもらしなんか」と、ぼくは思わず。

「おもらし?、えっ?、まだ何とも言ってないけど」

「...」

「あはっ、引っ掛かったぁ、あはは...」

「だってぇ」

「おむつしてる子はおもらししてもなかなか言わないのよねー、どれどれ...ポチッ」

「あっ!」

店員さんは、おむつカバーのホックの一番下を外して、股のギャザーのところから指を入れてきました。

「うわ、つ、ちょっと」

「なあに?、しっかり見ないとね」

「あっ!」

店員さんの指がぼくのお○ん○んに触れてびっくり。

「あら?、ごめんなさい。でもなんだかここにゅるにゅるしてる...」

「あっ、そこ」

ぼくは足を閉じて身をよじります。

「なあに、ここ?」

「うわっ!」

「はいはい、ごめんごめん、ちょっと試しただけ」

「ふー...」

店員さんは、ぼくのおむつの股間から指を抜きました。ぼくも一呼吸、深く息をします。

「もー、ぐっしょりよ、早く替えないと」

「だってぇ」

「だってじゃないわよ。外まで染みてきちゃうわ。それに、おむつかぶれになるし」

「...」

「替えは?」

「えっ」

「替えのおむつよ。持ってるんでしょう」

「うん...、このカバンに...」

「どれどれ、見せてごらんなさい」

店員さんは、もうお母さんみたいになっています。
ぼくは観念して肩に掛けていた大きめのトートバッグを渡しました。

店員さんは、バックをのぞき込んで、

「えーと...、あ、あるある、たくさんおむつが入って。これは...?、あ、ベビーパウダーね。それにこの小さな袋は...、あらー、おしゃぶりじゃない...」

「ちょっとぉ」

「あ、ごめんごめん。余計なものまで見ちゃって。じゃあ、おむつ替えましょう」

「えーっ」

「だって、おもらししちゃったんでしょう」

「でもぉ」

「替えてあげるから、心配ないわよ」

「え、いいです。一人でやるから」

「そんなこと言ったって、もうこんなに形も崩れちゃったから、一人じゃたいへんよ」

「だけどぉ」

「いいのよ遠慮しなくて。それに...、替えてほしいんでしょう、ねっ、赤ちゃんなんだし」

「...うん」

「はーい、おりこうさん。じゃあ、一旦おむつカバー閉じようね」

♪パチっ、ポチ、...

店員さんは、おむつカバーのホックを止め直すと、ジャージも上げてくれました。
ぼくは、これからおむつ替えるのに、何でジャージまで上げるんだろうって思いましたが、

「じゃあ、出て靴を履こうか」

「えっ?、ここじゃないの?」

「え、無理無理。ここで立ったままおむつ替えるのは狭すぎるし、布おむつは横にならないとキレイに当てられないでしょう」

「でもぉ...」

「大丈夫、ちょっと歩くけど、替えるところがあるから、ねっ」

店員さんは、さっさとカーテンを開けると試着コーナーから出て、

「さあ...」と、ぼくの手を取ります。

「こっちの足、...そうそう」

ぼくが片足ずつスニーカーに足を入れると、店員さんが履かせてくれます。

「こっちの足も、...はい、履けたね。じゃぁ、ゆっくりでいいから」

そして、店員さんに手を引かれるまま歩き出しました。


~~『軽装にご注意(3)』に続く


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
このストーリーはフィクションです。
登場する団体・名称・人物は全て架空のものです。

ぼくの日常風景?:『軽装にご注意(1)』をアップします



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

  『軽装にご注意(1)』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


(そろそろ1本買わないとなあ...。)

ぼくは、冬服を段ボールに押し込み、押入れの奥から夏服を引っ張り出しながらぶつぶつと...。

「このズボン、もう裾がボロボロだし...」

服装には無頓着なぼくの目にも、そのズボンは明らかにクタクタでした。

(バーゲンやってるしなぁ...)

ということで、近くのショッピングセンターへ...。

そこは、映画館もある大型店。満車に近い駐車場を通ってエントランスに入るとかなりの人出でした。

(みんなヒマなんだなぁ...)

ぼくが少し足を開くようにしてヨチヨチと歩いていると、

(...ん?)

一人の女性が足早に追い抜いて行ったと思ったら、急に振り向き、目を丸くしながらぼくの腰の辺りを見たんです。

(うっ...)

ぼくも歩みが遅くなりました。目が合ったその女性も一瞬固まって、

「〇〇〇...?」

って唇が動いたように見えましたが、すぐに前に向き直って足早に行ってしまいました。

(バレた?...)

かもしれません。いつものように布おむつを15枚当てたぼくのお尻はモコモコで、ジャージも膨らんでたんですから。

(まあいっかぁ...)

ぼくは毎度のことで慣れているし、大きな赤ちゃんなんだし...。


エスカレーターで2階に上がるとそこは衣料品のフロアです。ぐるっと見渡すと『〇〇屋』の見慣れた看板が目に入りました。フロアの4分の1くらいが、ベビー用品専門のあのチェーン店が入っています。

(そうだ...)

今使っている布おむつもだいぶくたびれて、破れたりしてるのもあったのでこの際少し補充するかと。

(えーと...)

かわいいベビー服がたくさん並んだ横を通り、奥の紙おむつがたくさん積み上げられている棚を目印に進みました。

(あったあった)

おむつカバーの棚の一番下の段に、『仕立て上がり布おむつ10枚入り』の袋が積んでありました。
青やピンクの柄はどれもかわいいものばかり。でも

(ドビー織りしかないよなぁ...)

まあ、もう『平織り』なんて売ってるわけないんですが、いつもちょっと引っ掛かるんですね。
それでも、ドビー織りは早く乾くし、柔らかいので最近は実用と割りきって使ってます。平織りは『特別な』時だけね。

「おっ!」

どの柄にしようかって袋を取り出しながら選んでいると、奥の方に入っていた袋を見つけて思わず声を出してしまいました。

『大特価980円!』

(そうそう、こういうの...)

ラッキーでした。
ビニールの袋が少しシワになって、柄も色が褪せているような感じ。明らかに売れ残りの長期在庫なんでしょうけど、当ててしまえば関係ないですよね。それに、何となく『お古』みたいなところもよくて。
ぼくは、迷わずその特価品を買い物カゴに入れると、レジへ進みました。

カゴを精算台に置くと、店員さんが、

「あっ、お客様」

「えっ?」

ぼくは、思わず視線を下に向けました。
(見えてないよな...)

いきなりぼくのおむつがバレたのかと思って。でも、店員さんは、

「あの、この商品、だいぶ古いですがよろしかったでしょうか」

「あっ、あ、はい...」

「ありがとうございます」

(ふぅー...、そういうことね)

ぼくは、すーっと緊張が弛みました。

(うっ...)

その瞬間、お○ん○んの先が緩んだと思ったら生温かい感触が...。

(あ、ぁ...)

その生温かさは股間のほうまでどんどん広がります。
無意識に足が開きぎみになって腰が少し引けるようなスタイルで固まってしました。

(やばっ)

「お客様、どうかされましたか?」

ぼくが変な姿勢で固まったもんだから店員さんも不審に思ったんでしょう。

「...あの、お客様、もしかして、おもらし...しちゃったんじゃないでしょうか?、おむつしてるんでしょう?」...、なんて言われたらどうしようってドキドキしましたが、実際には、

「大丈夫でしょうか、お顔の色が優れないようですが」

っていう、ビジネス慣用句が返ってきました。

「あ、いえ、なんでもないです」

ぼくも軽くやり過ごして事なきを得ましたが、会計を済ませてレジを後にする時、なんだかお尻のあたりに視線を感じたような気がして...。

それよりもぼくが気になったのは、股間のおむつがグッショリ濡れて垂れ下がってきたこと。
元々、苦しくならないように少し緩めに当てて来たので下がりやすかったのと、おもらしも多かったので余計に垂れてきて...。

(替えようか...)

でも、トイレはフロアーの反対側の奥でかなり遠くだし、ベビー用品の売り場のすぐ横が子供服や紳士物もあるので、また戻ってくるのもねぇ...。

(面倒だなぁ...)

ちょっと悩みながら歩いていると、すぐに紳士物の売り場に着いてしまいました。

(ま、いいや)

ぼくは、ズボンを買ってからトイレに行こうと。
それに、試着コーナーも近くに見えたので、そのカーテンの中でちょっとおむつを直せば多少はもつだろうっていう軽い考えでした。

(えーと...サイズ、たしか...)

ぼくは、1サイズゆったりめの81を選ぶことが多いんです。なにせお尻が膨らんでいるので楽なほうがいいし、ベルトで調整すればなんとかなるからね。

(でも...、最近ちょっと太ったか?)

迷ったぼくは、サイズを測ってもらうことにしました。

(あのー、すいませ~ん...)

少し離れたところにいた店員さんが振り向きました。

「あ、はい、ただいま参ります」

「あの、すいません、サイズ、計ってほしいんですけど」

「はい、しばらくお待ち下さい...」

店員さんは、前掛けのポケットを探ってメジャーを取りだしながら、

「ウエストサイズでよろしかったでしょうか...」

と言いかけて固まりました。ぼくの腰のあたりで視線が止まっています。
でも、そこはプロ、次の瞬間には気を取り直したようで、

「それでは、計らせていただきます」

と言って、一旦、腰にメジャーを当てようとしましたが、またちょっと悩んだような顔をして、

「このシャツの上から計りますか?」って聞き直してきました。

「えぇ...」ぼくは意味がよくわからずけげんな顔。

「でも、これだと正しく計れないかもしれません。ボディーサイズに近い状態で直接計れるとよろしいのですが...」って。

(あ、そうか...)

ぼくは、何を考えたか、両手でTシャツのお腹の下のところをつかんで、

「じゃぁこれで計って下さい」って前を大きくめくってしまいました。

「...」

固まる店員さん、目を丸くしています。

(やばッ)...

ぼくはもしかしてって思って、露出したお腹にゆっくり視線を落としました。

(うっ...)

ジャージがけっこう下がっていて、黄色のおむつカバーの上半分がしっかり見えています。
それに、カバーの前当てからお腹にかけて上にはみ出していた布おむつが何枚も丸見え。

「(あちゃー)」って言ってももう遅いですね。

店員さんもしばらく黙ったままでしたが、意を決したように、

「あ、さあさあ、そちらへ」と、急にぼくの手をつかんで、歩き出そうとしました。

「ち、ちょっとぉ...」訳がわからず抵抗するぼく。すると、

「すぐだからっ!」

と、強く言われてしまいました。なんだかお母さんに叱られたみたい...。



それにしても、どこにいくんでしょう。まさか、警備員室とか?


~~『軽装にご注意(2)』に続く


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
このストーリーはフィクションです。
登場する団体・名称・人物は全て架空のものです。

今日はまったりとした日でした

今日は、
朝起きておむつ交換した後、のんびりと朝ごはんとミルク、そしておむつの洗濯と昨日洗濯して山になったままのおむつをたたんでからお出かけしました。
布おむつ15枚をタヒラのカバーで包んで、まん丸に膨らんだお尻も気にせず、近くのシネコン併設のショッピングモールで布おむつの補充分を20枚買ってから映画館へ入りました。
ベイマックス、見たかったんです。胸温まるストーリーだっていう評判でしたから。
満席に近い館内で、笑って泣いておもらししてもう大感激。駐車場に戻ってから車内でおむつ交換してる間も、頭の中で主題歌がグルグルヘビーローテーションしてました。
なんだか、すごく癒された日でした。

01 sanrio_n-1403-242314_1 blue

02 P6116981 600 03 02 P6116984 600
プロフィール

甘えん坊のゆうや

Author:甘えん坊のゆうや
ようこそ!
ぼくは大型トラックの運転手です。普通とちょっと違うのは、大きな赤ちゃんってことだけ。いつもおむつしてるんだよ~(笑)。
This is Adultbaby diaper (Omutsu) site.

◆◆◆◆◆
掲示板開設しました。
下の『リンク』のところからどうぞ。

◆◆◆◆◆
ご意見、ご要望等は以下のメールへどうぞ。
yuuya062zzz@gmail.com
(メルアドは上記に変更しました)

◆◆◆◆◆
twitter
『yuuya062』

◆◆◆◆◆
禁無断転載(文章・画像全て)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問総数
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる