僕とおむつについて(その4)

妹のおむつがとれてしまうと、僕は困りました。おむつが簡単に手に入らなくなるほど、下半身はその感触をより強く求めるようになってしまいました。
あるとき、ぼくはどうしてもおむつがしたくって、近所の家の物干し台からおむつを拝借(?)してしまいました。
まだ、半乾きだったおむつ数枚を、パンツの中に押し込み、必死で近くの林の中へ。
そして、辺りに誰もいないのを確かめてから、そのおむつをパンツの中から引っ張り出して、きれいに重ね直してからパンツの中へ敷きこみ、赤ちゃんになりました。
その間ドキドキで、誰かに見られたんじゃないかとヒヤヒヤしながら、パンツの中の至福の感触に酔ってました。

それをきっかけに、あちこちの洗濯物に手を出すことになりました。味をしめてしまったんですね。
一時は、おむつカバーも何枚も集まり、布おむつは数十枚にもなりました。
近くを一巡すると、隣町まで遠征する始末で、ほんと悪い子でした。

コメント

Secret

プロフィール

甘えん坊のゆうや

Author:甘えん坊のゆうや
ようこそ!
ぼくは大型トラックの運転手です。普通とちょっと違うのは、大きな赤ちゃんってことだけ。いつもおむつしてるんだよ~(笑)。
This is Adultbaby diaper (Omutsu) site.

◆◆◆◆◆
掲示板開設しました。
下の『リンク』のところからどうぞ。

◆◆◆◆◆
ご意見、ご要望等は以下のメールへどうぞ。
yuuya062zzz@gmail.com
(メルアドは上記に変更しました)

◆◆◆◆◆
twitter
『yuuya062』

◆◆◆◆◆
禁無断転載(文章・画像全て)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問総数
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる