ぼくはトラック運転手さんでちゅ(第7話)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『ぼくはトラック運転手さんでちゅ』
「第7話.旅の終わり?」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

パーキングから本線に合流して巡航に入ります。
速度抑止装置のついたトラックは、アクセルをいくら踏んでも100km/hくらいしか出ません。
目的地のインターチェンジまではあと70キロ。
いつもなら、いらいらすることもあるけど、きょうばかりはもっと時間がかかってもいいからなほちゃんといたい...。
(あと、少しで着いちゃうんだ...)


さっきまで流れる景色を眺めていたなほちゃんも、いつしかかわいい寝息を立てています。
すっかり安心したのでしょう。それに、もうぼくに隠すこともないし。
(お腹がいっぱいになると、眠くなるんだよねぇ。)
(おむつもあててるから、おねしょしても平気だし...。)

ぼくはなほちゃんの横顔をちらちら見ながら、今日あったいろいろなことを思い出していました。

サービスエリアで声をかけられて、
急に乗り込んできたなほちゃんにおむつがばれて、
おもらししたぼくのおむつを替えてもらって、
夢の中だけだと思っていたなほちゃんが実はほんとうにおむつしてて、
なほちゃんのおむつを替えてあげて、
二人ともおむつしたまま食事に行って...、
そして、今はぼくの横で寝息を立ててる。
(こんなこと、ほんとにあってもいいのかなぁ。)

そう、あまりにも夢のような展開。
(これも夢だったなんていわないでよっ)
(こんなこと、ほんとにあってもいいのかなぁ。)

ぼくは、前を走る同業者のテールランプを一定車間で追いながら、夢と現実が混ざったような出来事を思い出しながら、同じ言葉を繰り返していました。
あと50キロ。時折、暗い夜道の先に見えてくる緑色の行き先案内板が見えてくるたびに、旅の終わりのページが1枚づつ近づいてきます。

「ゆうやちゃん?」
「えっ?」
急に声をかけられて、ぼくが横を見ると、なほちゃんも少し悲しそうな目で何かか訴えよとしています。
「ねぇ、もう少しよねー? もう着いちゃうんでしょー?」
「うん、あと50キロくらい。このペースなら1時間かからないよ」
「...」
しばし沈黙の後、なほちゃんがつぶやくように言いました。
「あのね、...。あの、わたしね、泊めてほしいの。」
「えっ?」
「...だってー、もうこんな夜中でしょ、電車もバスもないしー」
「そっかぁ、もう1時だね。名古屋インターからどうやって帰るつもりだったの?」
「ほんとはね、お友達に迎えに来てもらおうと思ってたんだー」
「でも、もう遅すぎるし、頼めないしー」
「...」
「ね、いいでしょ。ゆうやちゃんのところに」
(ど、どうしよう)
ぼくは、ドキドキしてきました。
(たしかにぼくは一人暮らしだし、アパートも会社の近くだから、トラックを返す前になほちゃんを一旦ぼくの部屋に降ろして...)
返事もしてないのに、既にどうやってなほちゃんをぼくのアパートに送るかを考えていました。
「だめ?...やっぱだめよねー、迷惑だよねー」
「い、いや、そんなんじゃなくてっ」
「それか、だれかいるのかなー」
「い、いないよっ、だれも。 一人だし。」
(ど、どうしよう)
ぼくは、女の子を泊めたことなんて1度もなかったし、なんだかわからないけど、混乱してました。
「やっぱ、だれかに迎え頼んでみる。変なこといってごめんね」となほちゃん。
「あ、い、いいよ、うん、いいよぼくの部屋でよかったら」
「うわーよかったー、泊めてもらえなかたらどうしようって思ったー」
「うん、だ、だいじょぶ。でも、きれいじゃないよ、狭いし」
「いいのいいの、わたしの部屋だってせまいもん」っと、なほちゃんの顔はにこにこになりました。
ぼくは、3日前に出てきた自分の部屋の光景を思い出しました。
ちらかしっぱなしで、本もゲームもビデオもだしっぱなし。
でも、それ以上に、人に見せたくないモノがたくさん...。


あと5キロ。愛知万博用に作った日進ジャンクションを越え、もう名古屋は目前です。
(どうしよう)
登坂車線にレーンチェンジして、インターへのアプローチに入ります。
(どうしよう...)
そして、料金所を通過。後は10分もすればぼくのアパートです。
ぼくは、次に訪れようとする新たな展開をいろいろと考えていました。
それにしても、旅は終わりますが、なほちゃんとは終わりにわらないみたい、よかったー。


~~~『ぼくはトラック運転手さんでちゅ(第8話)』に続く。

このストーリーはフィクションです。
登場施設名称、人物、等は全て架空の内容ですのでご承知おきください。


pink neko


コメント

Secret

プロフィール

甘えん坊のゆうや

Author:甘えん坊のゆうや
ようこそ!
ぼくは大型トラックの運転手です。普通とちょっと違うのは、大きな赤ちゃんってことだけ。いつもおむつしてるんだよ~(笑)。
This is Adultbaby diaper (Omutsu) site.

◆◆◆◆◆
掲示板開設しました。
下の『リンク』のところからどうぞ。

◆◆◆◆◆
ご意見、ご要望等は以下のメールへどうぞ。
yuuya062zzz@gmail.com
(メルアドは上記に変更しました)

◆◆◆◆◆
twitter
『yuuya062』

◆◆◆◆◆
禁無断転載(文章・画像全て)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問総数
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる