ぼくはトラック運転手さんでちゅ(第18話)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『ぼくはトラック運転手さんでちゅ』
「第18話.お風呂...」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


熱気の残る脱衣所。


「そんなぁ、遠慮せんでいいのよぉ。」といいながら、おばちゃんはぼくが立っている前に膝をつき、おむつカバーのホックを外し始めました。
「ホックをぷちんぷちん...おむつはずそーね。」
「ちょ、ちょっと...、恥ずかしいから自分でやりますよ...」ぼくは、思わず腰を引きました。
「いいのいいの。もう、さっき一度あばちゃんの前で赤ちゃんになったでしょ、恥ずかしくないわよね。ゆうやちゃんは赤ちゃんなんだからおむつなの。」と言いながら、手を止める様子もなく、おむつカバーホックを全部はずしてしまいました。
「ゆうやちゃん、ちょっとこうやって持っててね」
おばちゃんは、ずっしりと重いおむつを股間のところで支えながら、ぼくには前当てが開いて落ちないように持たせます。
「さぁ、横も緩めるから...そうそう、そのままゆっくり降ろすから...」
おばちゃんは、おむつカバーの横羽根のマジックテープを一旦開いて緩い位置で仮止めし、全体をゆるゆるにして、濡れたおむつを足元まで降ろして脱がす作戦です。
「そう、ゆっくり降ろすから...、あら?...引っかかっちゃってる...あははー...」急に笑われてしまいました。
そう、ぼくの直立したお○ん○んにおむつが引っかかって、するっと降りないんです。
「もー元気なんだからぁー...、もうちょっと緩めないと脱げないね」といって、おむつをぎりぎりまで緩め直してゆっくりおろしました。
「さぁ、ぬーげた」おばちゃんはまるで一仕事終わったかのように満足そう。
ぼくはといえば、上はTシャツ、下はすっぽんぽんの姿。しかも、相変わらずお○ん○んはまっすぐ前に向けて直立しています。
「あらあら、これどうしちゃったのかなぁ...ちょんちょん...」
「わっ...」
おばちゃんは、ぼくのお○ん○んを指先で軽く触りました。
「ごめんね...、でもあんまりかわいかったから...」
「...」
「さあさあ、これも...はーい...手を上げて...」とおばちゃんはぼくのTシャツをめくり上げて脱がせました。


「はーい、はだかんぼさんのゆうやちゃん、お風呂よ...」
おばちゃんは、脱衣所の奥のガラス戸を開けて、ぼくを呼び込みます。
「はい...」ぼくはいわれるままに風呂場のほうへ。
おばちゃんは戸口に立って、「じゃぁ、一人で入っててね」
「はぁ...」と、ぼくはあまり意味がわからないまま、適当にあいづちをうって中へ。


5人も入れば一杯になりそうな風呂場。
ぼくは、隅に積んである洗面器を取り上げてシャワーのところへ。温度を調節しながら、頭から浴び始めました。
(...あー...、気持ちいい...)
その時、風呂場戸のガラガラ開く音。
(???...だれも入ってこないって言ってたよなぁ...)
見ると、おばちゃんがにこにこしながら前掛けをして立っていました。
「背中流してあげよっかぁ?」
「えっ?」
おばちゃんは、腕まくりをしながらさっと入ってきました。
「あ、いや、...、自分でやりますから」とぼく。
「遠慮せんでいいのよー」
「はぁ...」とぼくは気の抜けたような声で応えましたが聞こえたのかどうか。
「今、離れをちょっとのぞいてきたけど、あの人たちのマージャン、当分終わんないわ。山田さんが大負けしてるみたい、まだ半チャンよ」
「だから、誰も来ないから安心して...」とおばちゃん。
「はぁ...」
「おばちゃんが全部してあげるから...ゆうやちゃんはなんもせんでいいんよ」
「あ、でも...」
「いいのいいの。あたしこういうの結構慣れてるから。さ、さぁ、そこに座って...」
おばちゃんに言われるままに、ぼくは鏡の並んだ洗い場の椅子に腰掛けました。
(...まぁ、いっかぁー...どうせもう隠すところもないし...)


「ゆうやちゃんって、やっぱ細身だねぇ。ここに来る人は、結構いい体格の人が多いんよ」
「えぇ、まあ...」とぼく。
「そうよねー、最近は荷物積むんだって、みんなフォークリフトや機械よね、だからあまり力いらないのかなぁ」とおばちゃんは自分で納得したようにいいました。
「そう、まぁ、運転だって楽ですから...」
あばちゃんは、石鹸をタオル染みこませて泡立てながら、
「じゃぁ洗うよ。そのままでいいからね」
首筋から背中へと洗いはじめました。
「どう?」
「気持ちいいです」
「そう、よかったー」
「はーいお手手を上げてー」とまるでおかあさんのよう。
おばちゃんが脇を洗い出すと、
「うわっ...」と思わずぼくの声。
「くすぐったい?...ちょっとがまんしててね」
そして、胸からお腹と徐々に下がってきます。
おばちゃんは、タオルを鏡の前に置くと、石鹸を直接手にたくさん取りました。
「さ、もうちょっと足を開いてね」
ぼくは椅子に座ったまま、足を開きました。お○ん○んは、さっきよりやや下向きになっています。そこにおばちゃんの手が。
「ゆうやちゃんお○ん○んきれいキレイしようね」
「うわっ...」ぼくは、股間への直接攻撃にひるみました。
「じっとしててね。たくさんおもらししたんだから、きれいにしなくちゃ...ね」
「うわ、わ...」
おばちゃんは、ぼくのお○ん○んを手で直接洗ってくれます。石鹸でにゅるにゅると、根本から先まで何度も。
「お、おばちゃん...あ、あの...」
「なぁに、いいの、いいのよ、じっとしていれば。おばちゃんがしてあげるから」
おばちゃんは、何度も石鹸をつけては、きれいキレイするもんだから、ぼくのお○ん○んはまたどんどん堅くなってしまいます。
「あ、あの、あの...」
「いいのよ、いいの。それにしても若いんねぇ、さっきしたばかりなのに、何度でも大っきくなるんねぇ」
おばちゃんのきれいキレイは、やがて規則正しい往復運動に。
ぼくは、息が荒くなってきました。
「どう?」
「う、うんうん、あ、あっ...」
もうぼくは声になりません。
「あっ、あっ、あー...う、うわー...」
その瞬間、一気に出ちゃいました。しかも鏡にまで飛んで行って...。
「あららー、すごいすごーい」
もうおばちゃんは大喜び。
「勢いがいいのねーほんと。若いっていいわぁー」と、なんだかぼくは遊ばれてるみたい。


足まできれいに洗ってくれたおばちゃんは、額の汗をぬぐいながらよいしょっと立ち上がって、
「気持ちよくなったでしょ...」
「はい、すっごくよかった...」
(何がよかったのか...でも、どっちにしてもよかった...)
「はー、腰が痛くなったわぁー」とおばちゃんは腰を伸ばしてさすります。
「す、すみません...」
「いいんよぉ...ゆうやちゃんが気持ちよくなってくれれば...」
(...ガラガラ...)
「えっ?」
二人は一斉にガラス戸のほうを見ました。
入ってきたのは、体格のいい50歳くらいの人。
あわてたのは、おばちゃんのほう。
「あらあら、このシャワー調子悪いって?...だいじょうぶみたいだけど...」と、おばちゃんは修理にでも入ったように取りつくろいます。
「変だなぁ、さっき使った時は水しか出なかったんで...」とぼくもそれに合わせると、
「じゃぁ、少し様子見て、また調子悪くなったらおしえてもらえますか」
「はい」と、二人の寸劇となりました。
そして、おばちゃんは石鹸やシャンプーや洗い桶をきれいに並べ直して風呂から出て行きました。ぼくは浴槽の中へ。


(...どっかで見た人だなぁ...)
ぼくは浴槽につかって、突然入ってきたその人の横顔をちらちらっと見ながら、お湯の中でぼーっと考えていました。
(...えーと...)
「『ゆうさん』じゃねーけ?」と先を越されました。
「はぁ...」
ぼくはまだ、名前が出てきません。
「そうだろ、『ゆうさん』だよなぁ。久しぶり...」
「あー、そうそう...田中さん、あの横浜のぉ...」
ぼくはやっと思い出しました。もう5年くらい前でしょうか。横浜の建設現場で監督をやっていた人。
「おーそうそう、あの時はたいへんだったな、ゆうさん」
「そうだったですね」と、ぼくも記憶をたどって。
「なにせ、あの時ゆうさんは名古屋と横浜を毎日2回くらい往復もしてたもんなぁ、オレが現場監督やっててよぉ、一度、荷が遅れたって怒鳴ったこともあったよなぁ、わるかったわるかった」
「あ、いや、もうだいぶ前のことだし、あのころは、ぼくもまだ慣れてなくてご迷惑をおかけしました」
「あー、それに竣工式の後の打ち上げで、朝まで飲んで歩いたよなぁ。あの時はよぉ、ほとんど皆んな帰っちまったけど、ゆうさんだけは最後まで付き合ってくれたんだよなぁ。」
「そうでしたね...監督もあのころ豪快でしたけど、最近調子はどうですか?」
「まーいかんわぁ。最近は景気悪くてなぁ、仕事は減るし...そう、この空港の仕事がなけりゃ今ごろ職安よぉ」
「ですねぇ...」とぼく。
「...でも、ゆうさん、変わってないなぁ...」
「はぁ?」
「いやー、あの時な、最初に会った時には、高校生のバイトかと思ったよ...ひょろっとしてて、かわいらしくて」
「...」
「まぁー、いーわなぁ...今だって若々しくて...運ちゃんには見えねーなぁ...おー、わりぃーわりぃー...そういう意味じゃなくな...まぁ、うらやましいんだわぁ」
「はぁ...」ぼくは応えようもなく、相づちを打つだけ。


一瞬の沈黙の後、
「...でな...」と、その人は急に小声になって、
「えっ?、な、なんでしょう?」とぼくは聞き返します。
「あのよぉ、あの、さっきのおばちゃんよぉ、...」
「はぁ?」
「後家さんだから、気ぃつけたほうがええよ...」
「えっ?」
「あんさんみたいに、若い子が泊まるとな、結構イタズラするってうわさよ...」とニヤニヤしながら目を細めました。
「そ、そうですかぁ?」と、ぼくは一瞬うろたえます。
「うちの若い衆も、けっこう面倒(?)みてもらったとか...よかったみたいだけどな...ま、根はとってもいい人だから、甘えるんだったらえーかもな」
「は、はい、気をつけますっ!」
(もしかしたら、さっきのこと...ばれてた(?)...かな...たぶん...)
ぼくは、浴槽から上がって、脱衣場のほうへ向かいかけました。
「さぁー、今晩はゆうさんにも会えたしなぁ...ほんとは泊まるはずじゃなかったんよ、ここに。急に予定が変わってな、さっき着いたばかりよ。でも、会えてよかったわ」
「そうですね、ぼくもよかったです、お会いできて」
「そっかー、じゃぁ、後で俺の部屋に来いや、うまい酒あるで、205号室な」
「は、はい。じゃ、あとで伺います。」


ぼくは風呂場から出て、脱衣所で浴衣に着替えてから2階の部屋へ向かいました。
部屋には、既に布団が敷いてあります。
(さぁて...)
と見ると、枕元にメモが。
(「さっきはごめんなさい。おむつは洗濯しといてあげるから、明日帰るときに寄ってね。宿直より。」)
おばちゃんが残したものでした。
(そっかぁ、後家さんなんだぁ...だから...)
ぼくは、なんだか同情したくなりました。きっとさみしいんですよね。
やさしいし、ぼくからみると、まるでお袋さんのよう。
監督さんには「気をつけろよ」って言われましたが、ぼくはこれからも大切にしてあげたいと思いました。
もっとも、監督さんは既にお見通しだったんでしょう。「気をつけろよ」っていう本当の意味は、「甘えすぎてはまらないように」っていうことなんでしょうね。


~~~『ぼくはトラック運転手さんでちゅ(第19話)』に続く

コメント

Secret

ゆつくり読んだよ

ゆうやさん、こんばんわ。ゆっくり読んでて、思わずその光景が生中継の様にわかりました。タックン興奮しましたよー。体験談?の様に思えて、、、読んで、読み返し、早く続きを御願いしますね。 先日はタックンブログに投稿有難う御座います。写真のお返し載せましたよ。 遅くなってごめんなさい。

ぴーけさん、コメントありがとうございます

コメントうれしいです。

ちょっと露骨かなぁって思うんですけど、書いているうちにどんどんそっちのほうに行っちゃうことが多くて...。
たまに、書きながら出ちゃうこともあります。
これじゃ、おむつはとれないですね。

オムツあてたいさん。コメントありがとうございます

見てもらってうれしです。

そう、愛知県人です。
確かに一人の仕事は気楽ですね。
でも、体力的にはかなりつらいし、給料も安い。
ぼくみたいに、趣味の空間(?)に使っているからなんとか続いていますが、事故とかのリスクもあるし、まあ、たいへんです。

事故じゃないけど、先日、おむつあてたまん丸のお尻のままで、やむなく降ろされたときは、ヒヤヒヤでした。
そのうち、ショートストーリーで内容を公開します。

ちなみに、ハンドルネームが「オムツあてたい」さんなのかな。
それとも、コメントのタイトルだったのでしょうか。

目の前に光景が広がりました。
わくわくして続編待ってます。
いつもありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも楽しみに見てますよぉ~!!
ゆうやサンて名古屋近辺なんですか?道路事情からして判断しましたけど. 一人きりの仕事イイですね!! でも事故だけは気を付けて下さいね!事故ったらオムツが他人にばれますもんね.熟女とのシーン良いです!!また楽しみにしてます.頑張って書いて下さいね。
プロフィール

甘えん坊のゆうや

Author:甘えん坊のゆうや
ようこそ!
ぼくは大型トラックの運転手です。普通とちょっと違うのは、大きな赤ちゃんってことだけ。いつもおむつしてるんだよ~(笑)。
This is Adultbaby diaper (Omutsu) site.

◆◆◆◆◆
掲示板開設しました。
下の『リンク』のところからどうぞ。

◆◆◆◆◆
ご意見、ご要望等は以下のメールへどうぞ。
yuuya062zzz@gmail.com
(メルアドは上記に変更しました)

◆◆◆◆◆
twitter
『yuuya062』

◆◆◆◆◆
禁無断転載(文章・画像全て)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問総数
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる