スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくはトラック運転手さんでちゅ(第21話)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『ぼくはトラック運転手さんでちゅ』
「第21話.ひろこちゃんの手で...」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ぼくは、ピンと来ました。ついに来るものが来たと...。


「あの...ね。さっき渡した...紙袋の中ね...」ひろこちゃんは遠慮がちに。
(やっぱり見られてたんだ...)
ぼくは正面を見たまま何も言えません。
「私、見るつもりじゃなかったんだけど...置いた時に袋が倒れちゃって...中身が出ちゃったの」
「...あれって...誰かの?」
(やっぱり...きたぁー)
あれっていうのは『おむつ』のことに違いありません。
「...あ、いいの、言いたくなければ、見ちゃった私が悪いんだから」ひろこちゃんは申し訳なさそうな顔をしています。
ぼくはこれ以上隠してもしょーがないと意を決して言いました。
「...あ、あれ...ね...実はぼくのなんだ」
(あーもう終わり...)
しばらく間があって、ひろこちゃんは急に笑顔になりました。そして、
「鈴木さんって正直なんだぁ...」
「えっ?」
ぼくは意外な反応に驚きました。
「だってぇ...誰か他の人のだって言えばいいのにぃ」
「うん...」
(そうだよなぁ...)
「だけど、どうして?、どこかからだでも悪いのかなぁ?」
と、ひろこちゃんはいたずらっぽく突っ込んできます。お見通しって感じ。
ぼくは、正直におむつのことを話しました。子供の時からなんとなくおむつが好きで、大人になってもしてること。おむつやおむつカバーをたくさん持っていること...。
「...ふーん、やっぱりぃ、そうだと思ったの。だって、あのおむつカバーね、すっごくかわいかったんだもん。病人用とか介護っていう感じはぜんぜんしないしぃ、おむつが好きな人が使うんじゃないかなって」
「...」
「それに、私ね、雑誌で読んだことあるの...大人なのにおむつして...赤ちゃんごっこする記事」
「だから、あのおむつ見たとき、もしかしたらって思って...さっきも鈴木さんのスタイル注意して見てたら、やっぱりお尻がふっくらしてたから...きっとそうだって思ったの、そうよね?」
「うん..まぁ.」とぼくがあいまいに答えると、ひろこちゃんはいたずらっぽく、
「今は?」と、突っ込んできました。
「今って?」
「だからぁ、その膨らんだお尻は...」
「...」
「おむつなんでしょう?」と、追撃は止まりません。
「う、うん...そうだけど...」
「きゃはぁー! ねえ、見せて見せて、鈴木さんの、お・む・つ」と、もう舞い上がったようにはしゃいでいます。
「えーー...」
「いいでしょう。ここなら誰からも見えないしぃ...ねっ」
「うん...」


ぼくは工事のために整地された広い空き地にトラックを停めました。
そして、シートバックを倒して、ジャージを下ろしやすいように腰を浮かせる姿勢をとります。
ひろこちゃんは興味津々。
ぼくは、ゆっくりジャージを下げました。
「うわーっ...」と、ひろこちゃんは両手で顔を半分くらい隠しながらも、ぼくの腰の辺りをじっと見ています。
(ちょっと引いちゃったかなぁ...)と思った次の瞬間、
「...かーわいー! ほんとにかわいーね。赤ちゃんのみたいー!」
そう、ジャージの下から見えたのは黄色地にアヒルさんの絵がプリントされたおむつカバー。
さっき休憩の時に、朝からしていたベージュ色の医療用おむつカバーから交換したばかりで、中にあてた10枚の布おむつのせいで、ふっくらと膨らんでいます。ぼくは、もう恥ずかしくて顔から火が出そうです。
ひろこちゃんは、ぼくの顔とおむつカバーを交互に見ながら、にこにこ顔です。
「ほんと、これってかわいいー。このプリントはアヒルさんかな?」って言って、ぼくのおむつカバーをのぞきこみます。
「ちょっとぉー、はずかしいよぉ」とぼく。
「いいじゃない、赤ちゃんみたいでかわいいし、鈴木さんに似合ってるんだもん」と、のぞき込むのをやめようとしません。そればかりか、
「ねえ、ちょっとさわってもいい?」と、言うが早いか、右手でぼくのおむつカバーに触ってきました。
「うわー、すごく柔らかいのね、この生地」
「うん...」
ひろこちゃんは、まだ触っています。腰の横のところをさわさわして、徐々に前の方へ。
「ここ、けっこうふかふかしてるー。おむつたくさんあててるのかなぁ」と言いながら、手はぼくの股間のあたりに近づきます。
「ここはどうかな?」
ひろこちゃんの手がおむつカバーの上からぼくのお○ん○んのあたりをさすってきます。
「...そ、そこは...」ぼくはもう言葉が出ません。
「あぁーどうしたのかなぁー、おむつの赤ちゃん」その手の動きははっきりわかります。ぐるぐると回したり、少し押してみたり。
ぼくは、その柔らかい感覚に負けて、徐々に足が開いてきました。
そして、ひろこちゃんは微笑みながら、おむつカバーの上からぼくのお○ん○んを優しく包むようにつかみ、そして、軽く握って、
「あー、なんだか堅いのがあるよぉ」と楽しそう。
「あっ、だめだってばぁ...」ぼくは更に足が開いて腰も浮いてきました。
「どぉ? ここくにゅくにゅしちゃおっかなー」ひろこちゃんの手に握られたぼくのお○ん○んはおむつのなかで熱くなっています。
「あっ、あっ...」
「なぁに?」
「あー、だめだよぉ、そんなこと...」
「なんでー? すごくうれしそうだしー...じゃぁ、」と言うと、今度はおむつカバーの一番下のホックを1つ外し、股間のギャザーから手を入れてきました。
「ひっ...」
一瞬の冷たさを感じている間もなく、その手はぼくのお○ん○んに。
「うわっ、そ、そこは...」
根元を軽く握られた瞬間、先のほうまで電気が走ったような快感が。
そして、おむつに押し付けたり、ストロークさせたり。
「あっ、あぁー」
「どう?」
「そ、そんな、で、でちゃうよぉ...」
「なにがでちゃうのかなー? おもらしかなぁー、おむつにしちゃうのぉ?」
もうぼくは限界です。
「わ、わっ...」
もう止められません。
「うわっ、...びゅびゅーって出たぁー...」
それでも、ひろこちゃんはおむつから手を抜きません。
「ドクンドクンって。ここぉ、ぴくぴくしてるぅ」
「...」ぼくはもう放心状態。
「でちゃったね、おむつに。たくさんね。」
「...」
「ね、でちゃったんだよねー、おむつしててよかったねー」と、得意顔。
ぼくのおむつカバーの中は、もう、にゅるにゅるべたべた。
恥ずかしくてひろこちゃんの顔が見れません。
ひろこちゃんがゆっくり手を抜くと、おむつカバーの中で圧迫されていたお○ん○んが少し緩みます。
そして気が抜けたぼくは、そのまま本当のおもらしをしちゃいました。
さっきから少し我慢していたのもあって、一度漏れ出したおしっこは止まりません。お○ん○んの先端から生暖かいのが付け根に流れてきて股間のおむつに染みていきます。その間、ぼくは腰を浮かせて宙を見つめています。おしっこはまだ出ています。おむつを濡らしながらお尻のほうまで染みてきて、最後にぷるぷるんと腰を揺らして止まりました。
ひろこちゃんは、それをしっかり見ていました。
「あぁー、いま、ぷるぷるって震えたぁー」
「...」
「こんどは、ほんとうのおもらししたでしょう。ね、おむつに...赤ちゃんみたいにー」
ぼくは、もう恥ずかしくてしかたありません。


ひろこちゃんは、ウエットティッシュで手を拭きながら、ゆっくり言いました。
「おむつ、濡れちゃったね。」
「...うん」
ぼくは、やっと声が出るようになりました。
「濡れたおむつは、早く替えたほうがいいよ。」
「でもぉ...」とぼく。
「ねっ、早く、替えなくちゃ。」
「そうだけどぉ...」
「なに恥ずかしがってるの。もう、おむつにおもらししちゃったんでしょう。私が替えてあげるからぁ...」と言って、おばちゃんから渡された紙袋からさっさとおむつとおむつカバーを取り出すと、器用に重ね始めました。
その見事なこと。ぼくはついつい観察しちゃいました。ひろこちゃんが見せてくれたのは、こんなおむつのセット。
はじめにおむつを5枚使って、その内の2枚を股あて用に、2枚を腰廻り用にT字に広げ、もう1枚を腰の真ん中辺りに横に広げながら両端を三角に折ります。
更にあと5枚使って、その内の2枚を股あてのところにそれぞれ1/3の細さに折りたたんで2枚分で3枚の厚さにしてから、残りの3枚を股の部分に置いていきます。全部で10枚使って、股のところは5枚で6枚分の厚み。
「へー、すごいんだぁ。」ぼくは感心しました。
「うん、わたしね、おむつ扱うの慣れてるの。」
「えー?」
「わたし、洋品店にお勤めしてたときがあって、そこの家にも大きな赤ちゃんがいたの」
「ふーん」
「ははー、でも、鈴木さんみたい元気じゃなくってぇ、そこの娘さんね、18才なんだけど、かわいそうに事故で寝たきりになっちゃって、店番の合間に私もおむつ交換とかお手伝いしてたの」
「へぇー」
「半年くらいやってたかなぁ、もう慣れちゃった。こうやっておむつを重ねるとね、たくさん吸収してくれるし、いいみたい...それに、なんとなくおむつあてた股のところが赤ちゃんみたいに見えるんだよ」
「...」
「ねっ、だから鈴木さんにも赤ちゃんみたいにおむつ当ててあげようかなって思って」
ぼくは、その器用に重ねられたおむつを見つめてしまいました。内心、早く当ててほしいって思いながら。
「ほーら、早くおむつ当ててほしいって顔に書いてあるよ」と、ひろこちゃんには図星です。


「ほらほら、濡れたおむつのままでいないで、替えてあげるから、シートをもっと倒して」とひろこちゃん。
「あ、あぁ、それなら後ろで...」
「えっ?」
ぼくは、運転席の後ろのカーテンを開きました。
「あらっ」
「ね、後ろはベットになってるんだ。」
「へぇー、便利なのねトラックって」と、ひろこちゃんは感心しながら見渡します。
「あー、ここにもちゃんと赤ちゃんのがあるぅー」
そこには、ぼくがいつも使っている、よだれ掛けや哺乳瓶なんかの赤ちゃん用品がありました。それに、ハンガーにはロンパースもかかってる。
「あらー、こんなのも持ってるんだぁ...かっわいいー!」
ぼくは、また恥ずかしくなりましたが、もういいやって感じ。
「さあさ、ここに来て、横になってね」と、ぼくをベットのほうに誘います。
そして、替えのおむつカバーを広げて、さっきセットしたおむつを重ねます。
ぼくは、はずれていた股のホックを止め直して、おもらしで重く垂れ下がったおむつをお尻にぶら下げながら運転席から後ろへ、そして仰向けになります。
ひろこちゃんは、横になったぼくに向き合って、優しく言いました。
「はーい、赤ちゃん、おむつ替えようね」


~~~『ぼくはトラック運転手さんでちゅ(第22話)』に続く

コメント

Secret

あこさん、コメントありがとう

この仕事やってると、それが役得でもありますね。
ぼくも運転すること自体好きなんで、あまり苦にならないんですけど、長距離はやっぱり疲れます。

うらやましい~

オムツして車乗って、降りて観光する時もオムツ…私の理想です!
私も車の運転が好きなので、車で運転しながらおもらしできたらいいですけどね~。これから春だし、楽しくオムツでお出かけできたらいいな♪

タックンコメントありがとう。

いつも見てもらえてうれしいです。
小説のことも、持ち上げてもらえて、感謝です。

そうそう、タックンのブログの写真にはいつも気持ちがこもってていいですよね。
癒されている感じがストレートに伝わってくるので、いつも楽しみにしてます。
「マンネリ」ってことですが、だいたい毎日書くブログに毎回ドラマがあるなんてことはないと思いますよ。
日々感じたことを素直に書けばいいんですよね。それよりも続けることが大変だし、それができることがすごいですよ。

あこさん、コメントありがとう

あこさんは、紙派なんですね(笑)。

ぼくはふだんは布ですが、たまに紙おむつもしますよ。
この前、仕事で行った仙台で、時間が余ったので青葉城を散歩しました。伊達政宗の勇壮な銅像がある素晴らしいところです。
トラックを少し離れた駐車場に停めて歩くこと20分。城内で1時間くらいのんびりしてました。
こんなときは紙おむつが便利ですよね。替えのおむつを1枚だけジャンパーのポケットに突っ込んで気楽に歩けました。
そして、見晴らし台で仙台の町並みを見ながらのおもらし。あー爽快って感じ。近くでおむつ交換して戻ってきました。

それに、紙おむつはおもらしした後の独特の感触があります。吸収体がゲル状になって、ぷにゅぷにゅになるんですね。これがまた、刺激的でもあります。

>運転しながらおもらし...
そうそう、不思議に出ないですね、運転中は。緊張してるからなんでしょうけど、漏れそうだけど出ないって感じ。
ぼくもサービスエリアに入って駐車枠に停めた途端に、じょじょーって出ちゃうことが多いです。

ゆうやさん、やっと休み貰えたんですね

こんにちは、、ゆうやさん。タックンは今日がお休みなんです。タックンブログいつも見て頂き有難う御座います。ゆうやさんのコメントに返事書かなくてはなら無いのに、方法が上手くに出来ないタックンなので、ゆうやさんのブログにお便り兼ねてコメント書かせてもらいますね。 タックンブログはマンネリでごめんなさい。でも撮影の時「ゆうやさん」の目を意識してますよ。決して変な気持ちじゃなく、おむつ姿や可愛い柄を一杯見て欲しいんです。新しい事より、同じでもチョット違う角度から撮影に心がけているんですが。。。ゆうやさんの小説も繰り返し読んで「癒し」に続けての読み返しが「味」が出てこれまたいいんです。ゆうやさんと知り合えて、ブログを通してですが、お互いのおむつの楽しみを倍増させましょうね。 また、続きを楽しみに待っているタックンでした。ゆうやさんへ。

お返事ありがとうございます♪

ゆうやさん、お返事頂けて嬉しいです♪
私はオムツは時々して楽しんでます!私は布は持ってないので紙オムツなんですけどね…。
この前、運転しながらおもらししてみたのですが、運転しながらだとなかなか出なかったです。結局、駐車場に停めてからしました。
けど、すごくドキドキしました~!

あこさん、コメントありがとう。

はじめまして、あこさん。

>最近トラックを見ると...
運転手さん皆じゃないでしょうけど、中にはぼくみたいにオムツしてる人もいるかも(笑)。

そうそう、普通の車だと気を使いますよね。ワンボックスだったら、カーテン付ければ周りから見えないんでしょうけど。ぼくも、たまに、会社のライトバンに乗るときがありますが、中でおむつ交換するときは、なるべく人の来ない駐車場の隅とかでします。それでも、周りが気になってしょうがないです。

あこさんも、いつもおむつなのかなぁ。

タックンコメントありがとう。

ほんと、おむつって心の栄養剤っていう表現がぴったり。ぼくにとってこれ以上の癒しはないですから。
冬の夜はおむつに包まれてネンネするのがいいですよね。身心も温かくなります。
タックンのところはもっと寒いんですよね。濡れたおむつは早めに替えようね。

はじめまして♪

ゆうやさん、はじめまして。いつも楽しく読んでます。
最近トラックを見るとゆうやさんを思い浮かべ、運転手さんオムツしてるのかなぁって想像してしまいます。
私も車の運転をするのですが、普通の車で周りから見えてしまいます。
ゆうやさんがうらやましいです(*^_^*)
あと、愛知の道路をドライブするのは私も大好きですo(^o^)o
これからも更新楽しみにしてます★

読み返せば味が出ますよ

ゆうやさん、おはようございます。お休み無しで忙しいんだね。心の栄養剤「おむつ」が忙しさを癒してくれますね。ゆうやさんの小説読み返して、僕「癒されていますよ」時間的に早朝更新ですが、毎日が早くもう直ぐ春ですよ。タックン方式で包まれているゆうやさん、朝のこの時間、夢の中かな?いつもコメント有難うございます。

タックンコメントありがとう

おむつの重ね方を文章で表現するのはむずかしいです。何回か書いて読み直して、それでも自分で読んでてわからないくらいだから、なかなか伝わらないでしょうね。
ストーリーの中では「タックン方式」という表現はしてないですが、この当て方は優れものだと思いますよ。

>このストーリーを読んでいただけた皆さんへ
おむつの重ね方は、以下のリンク先のタックンのブログに写真付で載ってますので、そちらを見てあげてください。
07/12/23付がわかりやすいです。
→タックンのブログ:平織動物柄がとにかく好きなんです
http://hiraorioshime.blog122.fc2.com/

タックン方式採用ありがとう。

☆ゆうやさん、コメントありがとう。部屋が出来たら、是非遊びに来てくださいね。 タックン方式の写真有った方がいいよね。直ぐに用意できないけどね。12/23の記事の写真で参考に良かったら使ってくださいね。 ゆうやさんの写真大歓迎ですよ。(汗) 小説のタックン方式完璧ですよ。読んでてかんどうしました。思わず想像して興奮しましたよ。 ありがとうございます。早速のアップ。 お仕事頑張ってください。雪に注意してね。 タックン。 ゆうやさんへ。
プロフィール

甘えん坊のゆうや

Author:甘えん坊のゆうや
ようこそ!
ぼくは大型トラックの運転手です。普通とちょっと違うのは、大きな赤ちゃんってことだけ。いつもおむつしてるんだよ~(笑)。
This is Adultbaby diaper (Omutsu) site.

◆◆◆◆◆
掲示板開設しました。
下の『リンク』のところからどうぞ。

◆◆◆◆◆
ご意見、ご要望等は以下のメールへどうぞ。
yuuya062zzz@gmail.com
(メルアドは上記に変更しました)

◆◆◆◆◆
twitter
『yuuya062』

◆◆◆◆◆
禁無断転載(文章・画像全て)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問総数
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。