ぼくはトラック運転手さんでちゅ(第37話)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『ぼくはトラック運転手さんでちゅ』
「第37話.めぐみちゃんにまで」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「ね、いいよね。ほんとは替えてほしいんでしょう。めぐみちゃんに見てほしいんでしょう」
「ほーら、いい子だから、そのままネンネして」
(恥ずかしいよぉ)
「さぁ、おとなしくしててね。替えてあげるから」...


ものすごく恥ずかしいことになってしまいました。
めぐみちゃんが横で見てるのに、看護婦さんにおむつ交換してもらうなんて。


仰向けになったぼく。
「さ、ゆうやくんのおむつはどうかなぁ」
看護婦さんは本当はぼくのおむつの中がどうなっているか知ってるのに、めぐみちゃんの前でじらします。
そして、ぼくのおむつカバーをゆっくりなでまわしました。
「ほんとかわいいよね、このおむつカバー」
めぐみちゃんにもしっかり見せています。
「どうかな、おむつ」
といいながら、看護婦さんは股間のホックをひとつだけはずして、指を入れてきました。
「ひっ」ぼくは思わず腰を引きました。
「あー、思ったとおり。びしょびしょじゃない、おむつ」
看護婦さんわざと大げさに、
「こんなにおもらししちゃってぇ、早く替えないとおむつかぶれになっちゃうじゃない」
「...」
「さぁ、おむちゅ替えまちゅよー。ホックを全部はずしちゃおうね」
 ぷちん、ぷぉく、ぷつっ...。
部屋に響く恥ずかしい音。
 ぷつっ、ぷちっ、...。
(ああ...)
ぼくは、両手で顔を押さえてもう何も見ることができません。
「おむちゅカバーの前を開けちゃおうかな。ほーら」
目をつぶっていても、そっとめくられるその感覚でわかります。
それまで少し窮屈だった腰周りが少し軽くなって、すーっと空気が入ってきます。
漂うおしっこのにおい。
めぐみちゃんもきっと目が点のまま釘付けになっていることでしょう。
「あー、びしょびしょぉー。 ほら、こんなに黄色くなってぇ...」
「ほーら、おむつのここが...固まっちゃってるでしょう。股間の形にね」
看護婦さんはまるで解説するように見せているようです。
「ほんと赤ちゃんねぇ。 こんなにおむちゅにおもらししちゃってぇ。 めぐみちゃんもさっきこうだったのよ」
「...」
めぐみちゃんも、さっき自分がおむつを替えてもらってたのを思い出して、きっと顔を赤くしてるはずです。

「じゃぁ替えちゃおうね。 この前のおむちゅも開いてぇ」
それまでびしょびしょの感触に包まれていたお○ん○んがふっと軽くなって、一気に空気に開放された感じになりました。
「あっ...」
看護婦さんがおむつを股間のところまでめくったんですね。
ぼくは、足を大きくM字に広げたままなすがままです。
「ほーら、かわいいでちゅねぇー。 おむちゅぜーんぶ開いちゃったよぉー」
「...」
「ねっ、こうやってあんよ開いてー、お尻の下にはびしょびしょのおむちゅ」
「先にキレイキレイしようね」

看護婦さんはおむつのあまり濡れていないところをぼくのお○ん○んにかぶせ、軽く握ってゆっくり拭き始めました。
「うわっ」
ぼくはたまりません。
それは、拭くというよりも、ゆるく握ったり強めたりしながら往復させる攻撃です。
「わっ、わ、わ...」
「あれ、どうちたのかな、赤ちゃん」
看護婦さんはなんだかとっても楽しそう。そして、往復運動は少しづつ早くなっていきます。
「あっ、あっ、あ、...」
ぼくはその強烈な刺激に、腰のあたりからお尻の穴まで弛緩しそうです。
「だって、キレイキレイしなきゃ。こうやってぇ...」
「あっ、マ、ママぁー...」
「キレイキレイ気持ちいいでちょう。ね、おむちゅでね、ほーら」
「わっ、あ、で、でちゃうよぉ」
お○ん○んの根元から先にかけて湧き上がってくる快感。もう、横でめぐみちゃんが見ているなんて忘れて、包まれたおむつの感触と看護婦さんにやさしく握られた暖かさを一心に受け止めています。
「いいのよ、いいの、おむちゅなんだから。おむちゅにおもらししたいんでしょう」
「あっ、ああ...」
ぼくはもう我慢することができません。お尻の穴からお○ん○んの先まで電気が走ったと思ったら一気にどびゅっと、ドクンドクンと出ちゃいました。
「あー、ドクンドクンいってるぅー」
看護婦さんもぼくのお○ん○んの反応を手で感じたようです。
握られたおむつの中はにゅるにゅるの感触。先端はその生暖かい海の中で遊離しているようです。
「あー、出た出たぁー、あったかいのがたくさーん。 また、おむちゅにしちゃったねー」
ぼくは快感と恥ずかしさの中で、もうなにも抑えることができません。
「あぁ、ママぁー...」
そして、少し残っていたおしっこもたらたら漏れて、おむつに少し染み出していきます。
「あー、おしっこも出てるぅー。ほんと赤ちゃんなんだからぁ。ほらほら、めぐみちゃん見て見て」
ぼくは、お○ん○んの根元からお尻にかけて流れて垂れる生あたたかい感触に恍惚としたまま。
(ああ...)
(もうこのまま、赤ちゃんのままで...)


「ゆうやさんって、ほんと赤ちゃんなんですね」
めぐみちゃんの声が遠くで聞こえます。
「『ゆうやさん』じゃなくって『ゆうやちゃん』でいいわ、赤ちゃんなんだから。 それに、めぐみちゃんといっしょ。本当の赤ちゃんみたいにおむつにおもらししちゃうの」
「めぐみも...」
「そうね、めぐみちゃんもさっきこうやっておもらししたでしょ。だから、もっとおむつにおもらしして、甘えてもいいのよ」
「...」
ぼくには、その会話がまだ遠くのまま。
お○ん○んから股間、そしてお尻までびしょびしょにゅるにゅるなんですから。
(もうこのまま、赤ちゃんのままで...)


「さぁ、ゆうやちゃん、もう替えちゃおうね、おむちゅ」
いつの間にか、一組のおむつが横に準備してありました。ぼくのバッグに入れてあった黄色のあひるさんのおむつカバーに布おむつがきれいに重ねてあります。ぼくがぼーっとしている間に揃えたんでしょう。
「ほーら、今度はあひるさんのおむちゅカバーと、バンビちゃんのふかふかのおむちゅでちゅよー」
「もう一回キレイキレイして...今度は軽くね、また出ちゃうといけないから」
そう言って、看護婦さんは手際よくぼくの股間まできれいにしてくれました。
(ふーっ...)
「はーい、お尻上げてくれるかなぁー...そうそう、いい子ね」
濡れたおむつをさっと抜いて、横にあった替えのおむつをお尻の下に敷き込みました。
「さ、お尻を下ろして。はーい、ふかふかでしょう」
「ばぶぅー」
ぼくは深呼吸して、心から赤ちゃんに戻ったように声を出しました。
そして、ゆっくり目を開けると、視線の先には看護婦さんとめぐみちゃんのやさしい微笑が。
ぼくは、もう、T字に開いたおむつの上にお尻を預けていることも、股間が露になっていることも、当然のことのように思えてきました。
赤ちゃんになりきっていたんです。
「あぁー、『ばぶぅー』だってー。ほんとの赤ちゃんになっちゃったのね。ママの赤ちゃんに」と看護婦さんはうれしそう。
「ほんとかわいいー。 めぐみといっしょなんだぁ」とめぐみちゃんまで。
「ばぶばぶぅー」ぼくはもう目がとろんとしてきました。
「さぁ、このままじゃカゼひいちゃうわね。お○ん○んナイナイしてあげましょうね」
その時、めぐみちゃんが手を出しました。
「めぐみがしてあげてもいい?」
「いいわよ、おむつしてあげてね。お姉ちゃんみたいにやさしくね」
「うん、めぐみやさしくしてあげる」
今度は、めぐみちゃんがぼくのおむつをあて始めました。1枚1枚ゆっくりと股間を通して前に。
「お○ん○んナイナーイ」
「めぐみちゃんじょうずね」
めぐみちゃんはやさしい微笑みでぼくのおむつの前当てを当てると、今度は横に開いてあったおむつも左右から閉じていきます。ふだん看護婦さんにしてもらってるように...。

そして、お○ん○んのところの形を整えてからおむつカバーの横羽根を前で合わせ、マジックテープをとめてから前当ても股間を通してかぶせました。
「ホックも止めようね」
 ぷち、ぷつっ、ぷふぉく...。
ゆっくりゆっくり、おむつカバーの左右に並んだ4つのホックをとめていきます。
「ほーらできた。ゆうやちゃんのおむつできたよ」
「めぐみちゃんほんとじょうずね」看護婦さんに言われて、めぐみちゃんも嬉しそうです。
(あぁ...)
ぼくは、やさしいママとおねえちゃんに囲まれて、まるで羊水にでも浮かんでいるよう。
全身の力が抜けて無重力の中に漂う感覚です。
(あぁ...)
なんてやさしい時間なんでしょう。全てを任せて、何もできない赤ちゃんの瞬間。ふかふかのおむつに包まれたお尻と、股のギャザーに軽くきゅっと締められたタイトな股ぐりの感覚はまさにおむつの感触。
ぼくは、おむつに包まれて意識が遠くなっていきます...。


「...ね、めぐみちゃん...おむつって、ほんといいでしょう...」
ぼくは、ふっと二人の会話で意識を戻しました。
「あっ、起きたみたいよ、ゆうやちゃん」
「赤ちゃんのお目覚めかなぁ」
ぼくはちょっと眠っちゃったみたいです。
時計を見るとさっきからもう1時間もたってる。
「ゆうやちゃん、おきたぁ?」
「うん」
ぼくはまだぼーっとしながら応えました。
いつのまにか、よだれかけもしてもらってます。
「めぐみちゃんにおむつ当ててもらってよかったね」と看護婦さん。
「うん」
「おむつあててあげてる間に眠っちゃったのよ。よだれ垂れたたから拭いてあげたの」
「...」
「ほんと甘えんぼさんなんだからぁ」とめぐみちゃんもクスクス笑います。


「めぐみもなんだかとってもうれしかった...」
「そっかぁ、めぐみちゃん、弟さんのこと思い出したんでしょう」
看護婦さんに言われてめぐみちゃんは小さくうなずきました。
「そうだったわね、生きていればもう小学校の高学年だったんだもんね」
「うん。まだあの子が2歳の時に...」
めぐみちゃんは窓の外を見つめて少し悲しそうな顔をしました。
「あ、ごめんね。思い出させちゃって」
「いいの、もうむかしのことだから。それよりも、今日はとっても優しい気持ちになれてよかった」
「そう」
「こうやって、弟のおむつをね、替えてあげてたんだぁ...」
「そうね、今日はゆうやちゃんが来て...ほんとの赤ちゃんみたいに...」
「うん、でも、ほんとゆうやちゃんかわいい」
ぼくは二人の会話を聞きながら、まるで自分がめぐみちゃんの弟になったような気分に。
「あねえちゃん...」
「あー、今度は『おねえちゃん』だって」
看護婦さんはにこにこ顔でぼくの頭をなでてくれました。
「さ、ゆうやちゃんもおっきして...何か飲みましょうね。めぐみちゃんも」
「はいママ」
看護婦さんは、横の小さなケースから何か取り出しました。それは、2本の哺乳瓶。
「ジュースがいい?それともお茶?」
「ジュース」めぐみちゃんは明るく応えます。
「ぼくも」
「はいはい、今入れるから」
看護婦さんはうれしそうに哺乳瓶にジュースを入れて、ぼくたちに渡しました。
「さあ、ゆっくり飲んでね」
ぼくとめぐみちゃんは、哺乳瓶をちゅーちゅー吸います。
ゴムの乳首を口の中でもて遊びながら吸っていると、たらっと垂れてしまいます。
「あらあら、垂れてるわよ...ほら、こっち向いてごらん...」
看護婦さんはタオルで口の周りを優しく拭いてくれます。
「よだれかけしててよかったわね」
「うん」
「ほんと、赤ちゃんが二人になっちゃった」
「めぐみはおねえちゃんだもん」
「そうかなぁー、哺乳瓶でジュース飲んでぇ...赤ちゃんじゃないの」
「ちがうもん、めぐみはおねえちゃんだもん」
「だけど、まだ...それは何かな...」
看護婦さんはめぐみちゃんのお尻を包んでいるかわいい衣装を指さして言いました。
「ママのいじわるぅー」
「えぇー、『いじわる』かなぁー。じゃあ、もうおむつ取れるのかな。しなくていいのかなぁー」
「...」
「じゃぁ、今度からぱんちゅにしよっかぁー。もう『練習』しなくてもいい?」
「だってぇ...」
「ほーら、めぐみちゃんもおむつが好きなんでしょう。おむつでまん丸のお尻して、おもらしししちゃうんでしょう」
「...うん」
「ねっ、やっぱりぃー。 おむつの赤ちゃんでしょ、めぐみちゃんも」
「うん、でも、ゆうやちゃんもいるからいいの」
「あはっ、やっぱり二人の赤ちゃんだぁー」
看護婦さんはぼくとめぐみちゃんを交互に見てとっても嬉しそう。


そして、3人は、しばらくの間のんびりとおしゃべりしていました。


~~~『ぼくはトラック運転手さんでちゅ(第38話)』に続く

※このストーリーはフィクションです。

コメント

Secret

マー助さん、コメントありがとう

同業の方でしたか。たいへんでしょう、お互いに。
「おむつあてて運転してますよ」って、やっぱり。
いいですよね、運転中は個室だし、長距離だと自分のペースで休憩しながらおむつ交換できるし。
ぼくのクルマは簡易ベッド付きなので、走るベビールーム状態です。

最近は景気がよくないせいで仕事が減ってきてますね。いつもの年末よりも車が少ないみたいです。
「優しい気持ちで安全運転しましょーね...」ですね。
この週末は寒波が来るみたいですから、凍結には気をつけてください。

タックン、コメントありがとう

いつも励ましてくれてありがとう。

そうそう、最近は布おむつと紙おむつを使い分けてますが、やっぱ布がいいですね。
タックンのブログも読んでいてホッとしますよ。毎日続けられてたいへんでしょう。
年末もまったりとおむつ楽しんでくださいね。

ももちゃん、コメントありがとう

TさんのHP見ちゃいましたか...ちょっと恥ずかしいですけど、まぁ、あんな感じでいつもおむつ楽しんでます。

そう、おむつ買うのは勇気いりますよね。懐古堂さんみたいなお店だと、店員さんもこちらのことを察してくれるので入り安いですけど、ふつうのドラッグストアとかベビー用品店みたいなところだと、「何この人...」みたいに見られちゃうからドキドキします。

こんにちは、ゆうやさんと同じく大型車で長距離を走ってるマー助と申します。
ちょくちょくコチラに寄り道して、おむつストーリー拝見してます。
自分もたまーにですが、おむつあてて運転してますよw
時期的に道路も混雑の度合いが激しくなってきて、また雪の時期ですんで、
お互いおむつあてて優しい気持ちで安全運転しましょーね!

ゆうやさん、、こんにちは

ご無沙汰です~こんにちは。。おむつライフ楽しく継続されている様で良かった。ゆうやさんも布おむつと紙おむつを使い分けて楽しくおむつを使っているってコメントありがとう。
年末ですね~安全運転で頑張ってください。タックンも日々ブログ続けていますよ。また、遊びに来るね。 タックンでした。

Tさんのホームページ観ました

e-343ゆうやさんの写真見ました。
なんだか幸せそうですてきですね。いつか私も、懐古堂さんでも行ってマイオムツの写真を並べて掲示したいものです。
O&Pのオムツもいいなァ~e-344
しかし、買うのには相当の勇気が入りそうです。

まなちゃん、いつもコメントありがとう

「優しいママにおむつを替えてもらいたいけど現実にはならないから...」
そうなんですねぇ、現実はきびしいです。
オム友さんの中には、そういう恵まれた方もいますが、ぼくには夢のまた夢。
まぁ、夢だからストーリーを膨らませやすいのかもしれません。

ももちゃん、いつもコメントありがとう

確かにね、人には言えませんねぇ。
「ぼく、おむつしてるんです」
って、やっぱ無理(笑)。

ぼくにとってのおむつは「癒し」だと思います。
ふかふかのおむつに包まれて赤ちゃんになるとき、それはぼくの原点に返る瞬間。
なかなかうまくいかない現実から一瞬逃避して、全てを委ねるやさしいママに出会えるような安堵感。
本当の自分は甘えん坊で何もできないちっぽけな存在だからこそ、その心の世界にあえて入って自分を見つめる時間を楽しむ...。
...なんて、わけのわからないことはどうでもよくって、股間を緩やかに刺激するおむつと、おもらしの感触を封じ込めてくれるおむつカバーはぼくにとっての最高のアイテムです。
横になっておむつにおしっこをもらすとき、その広がる生暖かさは「あぁー」っていう安らぎの瞬間ですよね。
ぼくはずっとおむつが取れそうにないです。

ゆうやさんのストーリーは読んでいて おむつ好きがよくわかりますね
優しいママにおむつを替えてもらいたいけど現実にはならないからストーリーの中で優しいママにおむつを替えてもらっているストーリーになってるんだね
現実になったらいいのにね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わ~い(#^.^#)あたしいお話だぁ

なんとなく、こうしてコメントのやり取りをしてると、オムツが好きなのは自分だけじゃないって、安心できますね。
人には言えませんものねぇ~i-229
コメント書き込みしますので、よろしくお願いいたします。お返事楽しみにしてます。
プロフィール

甘えん坊のゆうや

Author:甘えん坊のゆうや
ようこそ!
ぼくは大型トラックの運転手です。普通とちょっと違うのは、大きな赤ちゃんってことだけ。いつもおむつしてるんだよ~(笑)。
This is Adultbaby diaper (Omutsu) site.

◆◆◆◆◆
掲示板開設しました。
下の『リンク』のところからどうぞ。

◆◆◆◆◆
ご意見、ご要望等は以下のメールへどうぞ。
yuuya062zzz@gmail.com
(メルアドは上記に変更しました)

◆◆◆◆◆
twitter
『yuuya062』

◆◆◆◆◆
禁無断転載(文章・画像全て)

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問総数
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる